ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

誠に勝手ながら

12月16日~12月24日までの間

HPを閉店させて頂きます。



期間中は電話・FAXのみにてご注文承ります。

木の実については期間中は注文受付・発送ともにお休みとなります。



また12月31日は営業しますが元旦はお休みとさせて頂きます。



ご不便お掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

天気だいじょうぶそうなので予定通り11月12日13日と

第9回「世界の木の実とふるぽん」 @神保町ブック・ダイバー店先 やります。



詳細はこちら→第9回「世界の木の実とふるぽん」 @神保町ブック・ダイバー店先



色々流動的なので情報は随時ツイッターをご覧頂けると助かります。





今回の出店に合わせるかのようにウンカリーナ グランディディエリ 到着



アルソミトラも良さそうなの揃ってます



生のヒマラヤ杉の実も採ってこれたんで持っていきます。



写真撮り忘れましたが今まで販売してないものも含む

バンクシア・ユーカリよりどり一個300円も販売予定。



それと、自慢し忘れてましたが8月にマガジンハウスの雑誌

「GINZA]にてうちの木の実たちが掲載されました。



これは嬉しかった。



先日、中国の土産にもらったヘーゼルナッツみたいな実。

旧満州にある瀋陽市の山で採れたもの。

珍しいものかもしれません。

食べても美味。お買い上げ頂いた方に差し上げます。





さきほどようやく車に積み込み完了





2日間、至らぬ点あるかもしれませんがよろしくお願いします。

蘭というものに全く興味がないどころか、

なんだかババクサイようなイメージさえあたんですけど(失礼)、

半年ほど前に蘭を見る機会があって、それから考えを改めたところです。



蘭と聞くと胡蝶蘭なんかのイメージが強く、なんかなーと思ってました。

それは蘭の世界のほんの一端だったんだと大いに反省。



というわけで思いもよらず夏前に衝動的に購入してしまった

マコデスペトラジュエルオーキッドと呼ばれるものの

代表種で葉の美しさを愛でるもんみたいです。

この葉脈の美しさにノックアウト。



育て方もいまいちはっきりしないんですけど、

葉も展開してきてるし多分順調だと思われる。



これで満足してたんですが、先日軽井沢にできた蘭屋直営の店に

ブラッと寄ってみたらこれまた衝撃。

バイクで出かける途中だったんで買わずに帰ったけど、

気になりすぎて夢にでてきそうだったんで、翌日改めて購入に行く。



パフィオペディルムと呼ばれる属の一種。

(通はパフィオと呼ぶらしい)



お店の方に伺ったらうちの環境でもなんとか冬越せそうなようす。

蘭の栽培というと難しそうなイメージがありますが、

モノによるようでこれはわりかし耐寒性あるそうです。



写真ではこの特徴的な花を見たことがあったんですが、

実物を見るのは初めて。

色も形も魅惑的。ちょっとグロテスクな感じもたまらん。



自分は草姿に興味があって花にはあまり興味なかったんですけど、

これはやられました。



例によって「オススメの蘭の本を教えてください!」といって

ススメられたのがこちら。絶版みたいです。

まだちゃんと読んでませんが、ちょっと開いて見ただけで

なんか良書の臭いがする(笑)。

読書の秋、収穫の秋、木の実の秋・・・という訳でもないんですが

この秋も「世界の木の実と雑貨 小林商会」として

東京神保町の古本屋ブック・ダイバー店先に2日間出店します。



神保町の裏通りに世界中の珍しい木の実たちが集まります。

珍しい木の実と古本、秋の散歩がてらにでもお立ち寄り

頂けると嬉しく思います。



最近は冗談半分で「木の実業界最大のイベント!」と呼んでるんですが・・・。



(木の実中心の出店となります。

ジャムは持って行きませんのでご注意下さい。

持っていく木の実はHPに掲載しているものの

大体9割位を予定しています)



開催日:11月12日(水)13日(木)

    悪天候順延となります。

営業時間:お昼前後から夜7時くらい

日時は流動的な部分もありますので本ブログ左側のツイッターなどで

随時ご確認ください。



場所:東京神保町の古本屋 ブック・ダイバー店頭

   詳しい行きかたは→神保町ブック・ダイバーへの行き方



お会計は外で僕が計算してブックダイバー店内で清算となります。



前回までは予約や取り置きも承ってましたが、

置き場所の問題もあったりして大変になってきたので今回からはご容赦ください。



最近の流れとしては初日の昼から夕方まで混んで、

それ以降はわりとノンビリなことが多いです。



毎回沢山の方に「何故に木の実を売っているのか?」と

訊かれますがこちらに詳しくインタビュー記事がありますので

興味のある方はご覧ください。



木の実最近入荷したものは優先的に持って行く予定。



ツノゴマ ライオンゴロシ引っかかる系の実も2種新顔。



バンクシアバンクシア・ハケアなどオーストラリアの実の品揃えもより充実。



ウニ ヒトデ山から海へ。海産物もあります。



ウミウチワウミウチワ

これはオブジェに最高。壁なんかにも飾りやすい。



とても綺麗なもんですが繊細。

このあたりは車に載せられたら持って行く感じです。

その2はあまり店に関係ないというか木の実・多肉よりの話と

なってしまいました・・・



ハロウィンカボチャハロウィンカボチャ今年も飾り用のカボチャ各種販売しています。

2枚目の縞模様のカボチャは今年始めて撒いたもの。



多く種を撒いたわけでもないのに沢山収穫されてます。

写真じゃ分かりづらいかと思いますが普通の食用のカボチャよりも大きい。

珍しいカボチャだし色合いも綺麗で気に入ってます。

店頭にも並べてます。

なんでもこのカボチャは種が食用で旨いらしい。

誰かやってみる方居たら店まで取りにきてくれたら

一個差し上げます。その代りできあがった種を少しください。



ジャムこばやしたまたま撮った写真でこれまた分かりづらいんですけど、今年も恒例の唐辛子祭りということで店先に大量ぶら下げ販売中。



赤花帝玉一昨日、咲いた多肉植物 帝玉。

赤花タイプのものです。

今年の2月にも咲いた。



モナンテスポリフェラモナンテス ポリフィラ 春にもらってきて、最初あまり興味なかったんだけど、最近愛着が湧いてきた。

ニョロニョロ具合が面白い。こいつもまた花が咲いてきた。



幻玉これは春に購入してきた幻玉。

それにしてもどいつもこいつも名前がかっこいいナ。

家にきてから全く動きがないからやや不安だったけど、

苦手といわれる夏も乗り切り無事に開花しそうでホッとしてます。



タンクアナ明玉明玉。

夏にブヨブヨしてきて腐るかと思ったらここにきて

花芽がでてきた。未だブヨブヨしてるので今後要注目。



兜丸開花夏前にサボテンの兜丸も開花。

サボテンはあまりいないんだけど初めてサボテンが咲いたので

とても嬉しかった。



そんな訳で始めて錦玉園に行ってからはや2年経ちますが

順調にハマってしまっています。



春に日本多肉植物の会にも入会。末席を汚してます。



そんな中、先日新たな出会いで枯れて乾燥したミイラサボテンにも目覚める。

サボテンミイラこれは素晴らしい!テンション上りました。



喜んでたら今度はミイラ多肉!ということでこれを頂く。コノフィツム40~50年ものの枯れて乾燥したコノフィツム。

もはや海の生き物にしか見えない。



次に流行るのはきっとミイラサボテン・ミイラ多肉なのではないかと

密かに思ってます。



これから世界中の多肉屋さんで意図的に枯らしてミイラにしたり・・・しないか。














すっかりブログを更新しなくなってしまって、あっという間に半年。

自分でも何故に更新しなくなったのか不思議。



ほとんど木の実出店の告知ブログじゃないかとお叱りも

受けております。。。



ツイッターでお茶を濁してるせいもありますが、

果物の話は毎年繰り返しになってしまうし・・・、

なんかそれなりに忙しいし・・・ごにょごにょ。



気を取り直して写真整理ついでに思いたって再開。





山ぶどう先週は延びに延びていた山ぶどう摘みに行ってきました。

いつも色々お世話になっているI夫妻の畑。



去年は不作でお休みで2年ぶりにお邪魔しました。



気持ちのいい秋晴れでサクッと収穫完了。

けっこう熟していて甘みが強くて生食でも美味しい。

ひたすら甘い最近の巨峰とは方向性真逆な硬派な果物。

3連休中は店頭でも販売して好評でした。



メイポールメイポール(アップルソース)の販売も始まってます。





このメイポールの花がピンク色で綺麗なんですが、

開花時期がちょうどゴールデンウィーク近辺ということで

見に行く機会がないので生産者の方にお願いして撮ってもらいました。メイポール花切り花としてもいけそうな美しさ。



スグリ3種8月前にはスグリ類の収穫でオタオタ。

珍しく3種勢ぞろいの一枚。



八ヶ岳の方は車で一時間位ですが山梨県だし、用事もあまりなく謎のエリア。

去年まで存在すら知らなかったシミック八ヶ岳薬用植物園



信州大黄ここで夏前に初めてみた信州大黄。

遠目でルバーブ(食用大黄)かと思って近づいたらなんか葉が違う。



日本でも薬用に大黄栽培しているなんて全く知らなかった。



ビーツ夏の暑さとその後の干ばつで成長鈍っていたビーツも

収穫再開していいのが採れてます。

寒くなってくると玉が小さくなる傾向がありますので

ご入り用の方は早めの注文が良いかと思います。

来週開催予定の第8回「世界の木の実とふるぽん」に持っていくもの紹介。



木の実については主にこちらのページの9割位を予定してます。



とりあえずまだHPに載せてない新しい木の実で

目立ったものだとこちら4種左上の松ぼっくりがカコイイ。

友人が木の実の運び屋デビューということで先日持ってきてくれたもの。

他にも手前の白いのはソーセージツリーの実。

確かにデカイソーセージみたいで、ほとんど乾燥してると

思われるのですがかなりの重量感です。



その右上のもその友人が運び込んできたオーストラリアンフレームツリーの実。

樹に「Australia Frame Tree」と書いてあったみたいなんだけど

このことなのか「Illawarra Flame Tree 学名 Brachychiton acerifolius」よくわからず。

うちで前から販売しているブラキキトンの大きい版。



右上の丸っこいのは最近別口で入荷したサゴヤシで

今まで販売していたものより大きい。



それと先日の展示で配布していた主要な木の実の解説文と

そのときのDMが少しあるのでお買い上げいただいた方に差し上げますので

遠慮なくお申し出ください。









今回は木の実以外にも新機軸!というほどでもないんですが

個人的な興味というか趣味というか・・・

山羊の角・クジラノヒゲ・オウム貝・ウニの殻などの

博物っぽいものも多めに持っていきます。

わけわからん、という声も聞こえますがとりあえず持っていきます。



そしてさらにわけわからんかもしれませんが

たびたびブログでも取り上げている多肉植物リトープス

少し持っていきます。血統正しき群仙園産コールナンバー付き。

お値段は700円~を予定してます。



これは個人的に購入したもので、

ただここで見せたかっただけです。すいません。

五十鈴玉もついでに購入。



以下が販売予定のリトープスたちそれにしてもホントに綺麗なもんです。売るのが惜しくなる。

というかさっきまでやっぱり止めようかなと考えてました。

売れなかったら自分で育てるのでどう転んでも喜ばしい。



鉢と土を持っていくので販売しながら植えてこうと思ってます。

これをやれるのは群馬が誇る若き園芸研究家!(笑)天田さんに

全面的に寄りかかっています。いつもお世話になります。





見に来るだけでも全く構いませんので、半期に一度の木の実バザール

ということで皆様お気軽にお立ち寄りください!







こっからオマケで、増税前に・・・とか一人ブツブツ言い訳しながら

思い切って買ってしまった本。右側の本は多肉の本でいっちょまえに洋書。

こんなの読んでるなんて言うとさもスラスラ読んでそうですが、

実際には解読に近く、また写真見ながらパラパラしてる時間のが長い。

なかなか読み進められませんが写真も解説も充実していて

しばらく楽しめそう。



その左の写真集は前に何かでちらっと見てこんなカッコよく自然のもので

着飾る部族がいるんだ!と衝撃的だった本。

生まれて初めて買ったファッション関係の本かもしれません。。。

この春も「世界の木の実と雑貨 小林商会」として

東京神保町の古本屋さんブック・ダイバー店先に出店します。



神保町の裏通りに世界中の珍しい木の実たちが集まります。

ブック・ダイバーでは生前贈与セールを開催中ですので

木の実と古本、合わせてお気軽に見に来てください。



末広がりの第八回。



(木の実中心の出店となります。

ジャムは持って行きませんのでご注意下さい。

もって行く木の実はHPに掲載しているものの

大体9割位を予定しています)



開催日:4月9日(水)10日(木)

    悪天候順延となります。

営業時間:お昼前後から夜7時くらい

日時は流動的な部分もありますので本ブログ左側のツイッターなどで

随時ご確認ください。



場所:東京神保町の古本屋 ブック・ダイバー店頭

   詳しい行きかたは→神保町ブック・ダイバーへの行き方



お会計は外で僕が計算してブックダイバー店内で清算となります。



前回までは消費税サービスしてましたが今回からは

消費税も頂きますので小銭のご用意をお願いします!



今回は木の実→博物ってことで山羊の角やウニの殻、

クジラノヒゲなども並びます。



毎回沢山の方に「何故に木の実を売っているのか?」と

訊かれますがこちらに詳しくインタビュー記事がありますので

興味のある方はご覧ください。





ところでボブディランが来日中で上記期間中も東京に居るみたい。

もしかしたら木の実見に来ないかと期待してるんだけど・・・。



ちなみに自分は前回の来日に続いて今回も無事にチケット入手。

神保町の前日8日に行ってきます。

仕事と合わせてちょうど良いタイミング。

前から知っているお客さんに早々にとって頂きました。

ありがとうございました。

自分は300番台なんだけど、一緒に頼まれたもう一枚が

なんと驚愕の一桁台!代われるもんなら代わりたい。



毎度のことながら心配なのは天気だけでございます・・・。

あっという間に今年も4月。

東京では桜も満開のようですが軽井沢はまだ日陰に

雪が残り朝晩はマイナスの気温だったりします。

福寿草がそろそろ終わってコブシが蕾かなというところ。



今日はエイプリールフールですが嘘はありません。。。





しばらくブログもご無沙汰でしたがざっと3か月を振り返り。



年が明けて直ぐに何故か恒例の高松天満屋に出店。

高松天満屋が閉店ということで最後の出店でした。

高松の町に非常に愛着があり、もはや愛してしまっちゃったん

じゃないかというくらいだったので最後なのはとても寂しい。

毎年来てくれたお客さんや高松天満屋の社員さんには

長年お世話になりました。ありがとうございました。



四国は何かと縁のあるところなので、根拠なくまたいつか行くのでは

ないかと勝手に信じ込んでいます。





四国から帰ってからは高崎乙庭ギャラリーの展示準備。



準備・設営も無事に終わってホッとして、さて初日だから現場に

行こうと思って朝起きたらまさかの記録的大雪

それからしばらくは雪の直接・間接的な影響で色々と

やっかいな日々。災害でした。



それでも設営終わってからでまだ良かった。

展示期間延長もして頂きその後2回はギャラリーに行けて良かったです。



展示の様子はこちらから→

乙庭ギャラリー 生物図鑑19 

小林商会×山本彌 「幻実展」  展覧会記録




ギャラリーの太田さん、一緒に展示した山本彌さんには

大変お世話になりました。不慣れな自分はこのお二人のおかげで

なんとか開催できたようなもんです。ありがとうございました。



天気には恵まれませんでしたが自分としても満足のいく展示が

でき、色々と勉強にもなりまたとない貴重な機会でした。





そして本業ジャムのほうでは珍しく冬に新しいジャム発売。







当店の他のジャムより硬めの仕上がりですが、

レモンの皮の苦みと酸っぱさが大人な味です。



原料にしている広島産のレモンを前から探していたら

ジャムとは関係ないところでひょっこり出会いました。





そして・・・消費税の切り替え作業なんかしてたら

あっという間に4月。



そして今度はまたしても神保町への出店です。

詳しくは次回。


2月14日からここ軽井沢も

展示をしている乙庭ギャラリーのある高崎も、

開催に合わせるかのように記録的な大雪に見舞われ、

交通網が麻痺(涙)。



そんなこんなで開催期間を追加させて頂きました!

予定通りの今週23日までプラス3月1・2日と展示を見て頂く

ことができるようになりました。



追加の3月1・2日は乙庭さんでshopの仕事も

会場内でしてますのでご了承ください。



その他の詳しい情報は前回の記事をご覧ください。



今週末の22・23日あたりで自分も行くつもりでいます。

雪の様子などを見ながら、決まりましたらまた

ツイッターなどでお知らせします。







大雪の影響で宅配業者の集荷も未だ始まらず、

ご迷惑おかけしています。



まだ見通しはたってないのですが、再開次第お送りいたしますので

お待ちください。





ジャムこばやし店舗については2月15日から

シャッターは開けられたのでいちおうずっと営業しています。

といっても店の前は今日お昼頃の状態がこちらジャムこばやし大雪

当店前より軽井沢駅方向に向かって撮った写真軽井沢旧道大雪



旧軽井沢の商店街の除雪が徐々にロータリーの方から始まってきたので

ちょっとホッとしました。



それにしても今回の大雪はほんとにびっくり。

おまけに軽井沢は寒いからなかなか溶けない!



軽井沢はまだまだ除雪の行き届かないところも

多々ありますのでしばらく影響がありそうです。

↑このページのトップヘ