ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

今回も続いて、見晴台です。

今回の泉で見晴らし台三点セット完了であります。



熊野神社から更に奥に100m程進むと右側に降りる道があります。

そこを、下ると水の湧いている泉があります。





今回、訪れた時は何故か水が少なく、勢いがない・・・。

いつもは、ぽこぽこと水が湧いてて、水量もたっぷりあるのですが・・・。

見晴らし台 泉2

見晴らし台 泉1



写真がいまひとつで良さが伝わらないかもしれませんが。

春から秋にかけては、新緑や紅葉と供に

非常に気持ちの良いところです。



そんでもって、その水が隣のワサビ畑に流れこんでいます。

ワサビ畑



当然、金網があって中には入れないのですが、

あんまり見る機会のないワサビ畑が見れます。

以前に訪れた時には紙が置いてあり、

確か群馬の松井田辺りで販売しているとのことでした。



この泉は群馬側にあるせいか、

あまりガイドブックには載っていないのですが

見晴らし台に来たら一緒に訪れてみて下さい。

見晴らし台から歩いて3分の熊野神社。

見晴らし台とセットで定番コースです。



この神社の珍しいところは、境内が半分に別れ

群馬側と長野側に分かれているところなのです。

だからどうした、といわれると困るのですが、

他に見たことがないんで珍しいかと。



写真の中央から二つに別れている。



管轄も二つに別れていて、当然、賽銭箱も二つ並んでいる。

おみくじも絵馬もみんな両側にあります。



そして、もう1つの目玉が、長野県最古の狛犬。

長野県最古の狛犬



オオサンショウウオみたいだけれど、狛犬。

妙な存在感があって好きです。ちゃんと対であります。



その昔、ヤマトタケルノミコトもいらしたそうです。



次回も見晴らし台を予定。

更新が三月になりそうです。



始めから、お勧めするには細かいとこですが、

旧道から車で10分 見晴らし台です。

お店の前の道をひたすら山に登っていくとすぐ着きます。

シーズン中はお店の近くの観光会館からバスもあり。



晴れた日のここからの眺めは最高。



群馬側は妙義山や赤城山妙義山

長野側も浅間山・離山などが一望。浅間山

旧道から遊歩道も整備されているので歩いて行っても気持ち良し。

峠と呼ばれるエリアで小さな集落となっており、

力餅と呼ばれる餅菓子が名物で茶屋などもあります。



旧道からすぐなのに、意外と行く人は少ない・・・。

今迄に紹介した友人達にも、好評、是非。



次回は同じく峠エリアの熊野神社を。




↑このページのトップヘ