ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

ちょっと時間が経ってしまいましたが、

「世界の木の実展@ルオムの森」も無事に終了。ルオム木の実展



ご来場頂いた方々、ありがとうございました。

冬は特に不便な場所にも関わらず来て下さり、よりありがたい。

中には電車とバスで来て下さる方もいて嬉しい限り。



年末の販売会も無事終了。ルオム木の実販売会ルオム木の実販売会盛況の図。なんですがこれはヤラセ写真で、

ルオムの森で働いている方々。



自分にとってはこの木の実展は初めてなんで、

なにかと大変でしたが、終わってみればホントにやって良かった。

色々新鮮だし勉強になった。と言えば聞こえはいいけど、

自分の足りないところを色々感じた。



この木の実展は信濃毎日新聞や上毛新聞も

取り上げてくれたので助かりました。

北軽井沢は冬の人出がすくないので不安だったのです。信濃毎日新聞木の実展

それぞれの記事へのリンク

信濃毎日新聞

上毛新聞



上毛新聞の記事は紙では結局見てないんですが・・・。



他にもFM軽井沢にちょっとでたり、地元のフリーペーパーに

載せてもらったりと、助かりました。ありがとうございました。



まとまりませんが、とにもかくにも来てくれた方々や、

ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました!



ルオムの森(百年文庫)の記事→世界の木の実展終了しました

四国は高松にあります天満屋デパートで行われる物産展に

今年もしつこく参加してきました。



無事終了。

来て頂いた方々ありがとうございました。



毎年参加してるので必ず来て下さるお客様も沢山いらして

嬉しい限りです。



今回は羽田空港出発の前日が都内大雪とあって、

空港はかなりの混雑。盆暮れの混雑はこんな感じなのだろうか。羽田混雑

自分が高松入りした次の日はボーイング787が高松空港に緊急着陸。

自分が行きに乗ったのも787だった。



今回のある意味最大の収穫はこのブログでもたびたび取り上げていた

長野県のマスコット(ゆるキャラ)アルクマとようやく会えて

写真が撮れたこと。

現場でチラシ見るまで知らなかった。アルクマ高松天満屋なにげに自分を載せるのほとんど始めてかなと。

色々葛藤はありますがこの際なんで載せちゃいます。



後ろにいる白いのは新潟のマスコットで「あったかココロちゃん」。

もうちょっと呼びやすい名前のがいいと思うんだけど。



アルクマにうちのジャムと木の実を持たせて撮ろうとしたら、

アルクマの手では持てないことが判明。自分が持つことに。

アルクマの頭はリンゴなんでりんごジャムとバレンタイ前ということで

カカオの実を持ってみました。



いつか軽井沢の店の前で撮りたい。お待ちしてます。



歩き去る2人なんか哀愁を感じる。



そんでもってミス松本なんてお方も来たので撮影。ミス松本北澤



高松は何故か好きな町なんだけど、なんでだろうと考えていて、

今回思ったのがその町のユルさというかノンビリさのオーラ。

綺麗になった丸亀商店街よりはずれの方の商店街になんとも

いえない味を感じてたまらない。



再開発されてない商店街はそのうち「旧市街」なんて

呼ばれるんじゃなかろうか。



自分としては沖縄か高松か、ってなゆるさです。



ユルい町にゆるキャラが来た!と個人的に思ってました。



寿司屋さんに教えてもらってから毎年寄る気に入ってる乾物屋。丸一商店なんとも独特の店で魅力的な商品ばかり。



最終日に行った焼鳥屋。ここも教えてもらった店で毎年必ず行く。高松鳥一





おまけの話



帰りに東京で国立科学博物館へ寄る。

チョコレート展をやっててうちのカカオの実も

ちょっと関係してるので久々に行ってみました。

楽しめる展示でございました。



牧野富太郎展も無事に行けた。



常設展の松ボックリ標本。博物館松笠

かねてから疑問だった松ボックリについて訊きたいことがあったので

訊いてみたんですけど、「良くわからない」ということが

良くわかって(笑)なんだかスッキリしました。


















年末年始の通し営業も終わりホッとするのもつかの間、

来週から、四国は高松にあります天満屋に今年も出店します。

ジャムなど食品を中心とする出店です。

木の実は飾りていどに持っていきます。



場所   高松天満屋7階催事場「信州・長野と越後・新潟の物産展」

期間   1月16日(水)~1月22日(火)

営業時間 午前10時~午後7時半(最終日は午後6時閉場)



今年からは新潟と一緒にやるみたいです。



この高松天満屋だけはかかさず毎年出店。

ここ数年毎年行っているのでこの町にはかなり愛着があって

ホントに好きな町。

もはや愛が芽生えてるのではないかと思うくらいです。



例によって試食もやりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。



それと1月13日~22日までこちらの木の実の販売のページ

閉鎖しますので、木の実をお買い求めの方はご注意下さい。



ご不便おかけしますが宜しくお願いいたします。

あっという間に12月も後半。

年末年始の営業のご案内。



通常通り12月26・27日は定休日

28日から1月8日(火)までは無休で営業となります。



そのあとは通常通り水・木定休となります。



年末年始の発送も変わらずやっています。



夜は寒いし暗いので5時位で店先を片付ける場合もありますが、

お店の営業は6時までやってます。



よろしくお願いいたします。


昨日ルオムの森に行って「世界の木の実展」無事に設営完了。



展示場のようす世界の木の実展世界の木の実展

松ぼっくりがならんでいる立派なテーブルはこちらの手によるもの。

ルオムの森にて色々展示販売もしています。



部屋の回りの展示台はルオムの方に作ってもらった。

ぶっつけ本番で並べたらピッタリ収まった!



そして奇跡的に10日に譲り受けた展示用ガラスケース。

雪の降る中をはるばる運んできて下さった!

まさに渡りに船。ホントにありがとうございました。

おかげでグッと展示が引きしまりました。アルソミトラフタバガキ・ライオンゴロシ・ウンカリーナ危険だったり壊れやすいアルソミトラ・フタバガキ・ウンカリーナ・

ライオンゴロシはこのケースに収めてピッタリ。



いつもはガサガサ売ってる木の実もこうして

並ぶと格があがった観がある。

ウンカリーナモミジバフウ



夜になるとまた温かみがあって良い感じ。

(展示は連日4時までなんですけど)世界の木の実展



上記のケース入りのもの以外はみんな触れますんで、

手にとって見てみて下さい。

持ってみる分には全く問題ないのですが、力を加えるとさすがに

壊れてしまうのでそこだけご注意下さい。ここは結構心配なとこ。



画期的なんじゃないかと思ってるのですが、

触れてしかも殆どのものが買える、ってのを売りにしてます。



お忙しい時期かとは思いますが12月30日には木の実販売に

自分が行きますので宜しくお願いします。



期間中は30日以外もルオムの森の売店にて一部木の実を

販売してますので、見学がてら気に入ったら買ってもらえると嬉しい。



設営終わって帰りの外の気温が-10℃でさすがに笑ってしまった。

家に着いたらせいぜい-3℃だったのに・・・。

軽井沢より更に寒くて雪も多めの土地ですので、気をつけておこし下さい。



北軽井沢は寒い土地ですが、

ルオムの森の館内は薪ストーブもいくつかあり、

暖かい飲みものもありますので、木の実と合わせてご利用下さい。



詳細はこちらを→世界の木の実展開催@北軽井沢ルオムの森「百年文庫」





ルオムの森の方、木の実を手配してくれる方、戸隠化石博物館の方、

木の実のことを教えてくれるお客さん、

デザインの相談にのってくれるノンキチ嬢、などなど書ききれませんが、

色々な方達のおかげで今回開催できるんだなー、としみじみありがたい。

そうした人たちが居なかったらとてもじゃないけどできなかった。

毎度のことながら感謝であります。
















今年も群馬は前橋にあるチチリの庭に12月16日(日)のみ

小林商会(木の実屋)として出店します。



詳しくはこちらを「チチリの庭 冬



去年は大盛況だったけどもの凄い強風。

今年は天気落ち着いていることを祈る。



明日設営に行って14日からはルオムの森にて木の実展



庭に行ったり森に行ったり秘境(ブックダイバー)に行ったり・・・。

次はいったいどこなのか。山か川かアマゾンか。

チチリ、ルオムときたら次はパオムか!

って、これは軽井沢のレストランだった。



年末でなんだかんだと忙しい上に寒波襲来。

すっかり体調を崩して風邪気味。



16日まではなんとか頑張りたい。

木の実好きな方の中には多肉植物も好きな方が多くて、

肉・にく・ニクと自分の耳に入ることも多い。



先日「長野県にも有名な多肉植物園があるから行ってみたら」と

言われたので、ちょうど近くを通ったときに寄ってみました。



訪れたのは当店からだと車で30分位の小諸にある「錦玉園」。



浅間サンラインを小諸方面に向かうと看板がでてます。



今まで素通り。アンテナ張ってないと引っかからないもんです。



写真がうまく撮れてないけど、

園周辺の景色もとても綺麗。



ビニールハウスの並ぶ目的の園に近づきおそるおそる中に

入ってったらそこは一面肉の世界でございました。錦玉園錦玉園錦玉園錦玉園

しかも音楽が爆音でかかっていて、曲はなんと

ストーンズのジャンピン・ジャック・フラッシュ。

ますます異世界感が強まりもう外の世界には出られないかと思った。

そしたらラジオだったのでなんだかホッとした(笑)。



全くの素人なんで何がなんだかわからないけれど、

圧倒された。



それにしてもヘンテコな植物で、不思議なもんです。

強く心惹かれるものがあるので

その場で多肉デビューということで2鉢購入。桃太郎・帝玉左の可愛らしいのが桃太郎、

右のやけに肉厚なのが帝玉というそうです。

多肉植物の名前もなんか独特でオモシロイ



今のところ元気?に自分の部屋に鎮座してます。



オーナーの方に色々伺ったら、やっぱりある程度共通するような

木の実関係者が居た。

ずぶの素人の自分にも色々教えて頂き、勉強になるとともに、

なんだかその多肉愛みたいなのにも心動かされた。



オススメの多肉入門書がありますかと訊いたら、

こちらをススメられて早速購入。

写真も綺麗なんで眺めていてもオモシロイし、

気になることも必要にして十分に書いてあってすっかり愛読書。

そんでもってこの本の監修者がこちらの錦玉園のオーナーだった!



そんなに有名な方だとは知らずに

「部屋ではアロエぐらいしか育ててない」なんて言ってた

自分が恥ずかしいくらいのもんです。



今度ジャムと多肉を交換しよう!なんて言ってくれてたけど

本当なんだろうか?半信半疑ながら今度また訪ねてみたい。



今回すっかり多肉に目覚めちゃって興味津々。

こうしてまたひとつ好きなものができるってのは、嬉しいもんです。

世界が広がる。



こちら夏ごろから部屋にいるアロエとウンカリーナ。

アロエ・ウンカリーナ何故かこの夏にこの2つが部屋に転がり込んできた。

この時から多肉ワールドに足を突っ込むのは運命付けられていたのか。

(萎れ気味のウンカリーナは冬眠体勢に移行中のため水をやってない)





またなんか無駄に力はいっちゃって長くなりましたが、

個人的には超オススメの場所です。

興味持ちましたらぜひ。


改めまして、初となる木の実展開催のお知らせです。



場所 ルオムの森2F 百年文庫ギャラリー

北軽井沢にあるお店。

当店からだと車で30分位。



会期 2012年12月14日(金)~2013年1月28日(月) 

お休み 水・木定休日



時間 10:00~16:00



料金 無料



詳細はこちら→世界の木の実展 ~ 不思議でおもしろい自然のカタチ ~



展示だけではなくてほとんどの木の実が触れます!

というのをウリにしています。



ウチの木の実たちはカタチが面白いのももちろんですけど、

触ってみると重さや手触りに意外性があってそこがまた面白い。



実際のところ展示用のガラスケースがない、

というのも大きいんですが(笑)。





こんな感じのところ。





暮れも押し迫った12月30日のみ木の実の販売に自分が行きます。

例によってその日は軽井沢の店頭の木の実の種類が少なくなりますので

ご了承下さい。

世界の木の実世界の松ぼっくり



ふだん販売していない木の実も展示予定。

(自分の持ってる木の実を自慢するような心持もある)



この機会に店先で雑多に並んでる木の実ではなくて、

綺麗に並んだ木の実たちを見てみて下さい。

また違った良さが感じられるかと思います。



・・・以下余談・・・



10月頃にこの話を頂き簡単に請け負ってしまったけれど、

準備初めてみたら大変。

ここにきてようやく少し見通したってきました。



不安もありますが初めてのことは楽しみでもあります。





不思議なことにこの話が決まったあとに、手帳を見てたら

気になる行きたいとこリストにこちらのルオムの森が書いてあった。



そんでもって木の実の展示の話も先方から提案があって、

それいいですねー、なんて言ってたんですけど、

過去の自分のメールを見てたらその中に「いつかは木の実展やりたいです」

みたいなことが書いてあった。



いずれもすっかり忘れていたけれど自然と転がり込んできて不思議。








始めてとなる木の実展を開催します。

百年文庫木の実展ただいま大急ぎで準備中につきまた詳しく載せます。

お店の定休日に新人アナウンサーの生中継の取材の

練習をしているからやってくれないか、と依頼があり

やってみました。



終わったときに撮らせてもらった集合写真。



ジャムがメインで時間が余ったら木の実もぜひ、

なんて言ってたけれどジャムだけで時間足りないくらいで終了。



練習なんでもちろん放送はされないみたいなんですけど、

面白い経験で、きたるべき木の実の全国放送の良い練習になりましたとさ。



今まで録画の取材はあったけど、生中継ってのは大変なもんなのですね。



後日アナウンサーの方から手紙が届き、

なんだか心に沁みるものがありました。

↑このページのトップヘ