見晴らし台から歩いて3分の熊野神社。

見晴らし台とセットで定番コースです。



この神社の珍しいところは、境内が半分に別れ

群馬側と長野側に分かれているところなのです。

だからどうした、といわれると困るのですが、

他に見たことがないんで珍しいかと。



写真の中央から二つに別れている。



管轄も二つに別れていて、当然、賽銭箱も二つ並んでいる。

おみくじも絵馬もみんな両側にあります。



そして、もう1つの目玉が、長野県最古の狛犬。

長野県最古の狛犬



オオサンショウウオみたいだけれど、狛犬。

妙な存在感があって好きです。ちゃんと対であります。



その昔、ヤマトタケルノミコトもいらしたそうです。



次回も見晴らし台を予定。

更新が三月になりそうです。