例年ですとビーツの販売は初夏から秋までですが、

去年は最後の収穫時に土に埋めておきました。

それを、先日掘り出したのがこれです。

冬越しビーツ

土の中で少し葉っぱを出したみたいです。

元気そうでなにより。



洗うとこんな感じで赤色が綺麗。





何十年も前から、ルバーブを育てているおじさん(僕のお祖母ちゃんの弟)の畑で栽培してます。ここ何年かはじわじわと人気がでており、

根強いファンの方が増えております。

栄養豊富で珍しいのでTVでも何度か紹介されているようです。



西洋の野菜で日本では食べ慣れてませんが、

生のままでも日持ちして、茹でて酢漬けなどなら常備菜になるので、

便利な野菜です。



以前にスリランカ出身のお客様がカレーに入れると美味しいと言ってましたが、いまだ挑戦せず・・・。



軽井沢の近くのイラン出身の画家の方が、

イランだと茹でたビーツ専門の屋台がでると言ってました。

その屋台で立ってみんなでビーツを食べるらしいのですが、

写真だけでもいつか見てみたいものです。

フランスの市場などでは茹でたものを売っていました。



店頭とHPで販売してます。



次回、ビーツのお勧め簡単レシピを写真付きで紹介したいと思います。