ここの桜を紹介するのを心待ちにしていたのですが、

昨日、仕事の合間に見に行ったら散り始めでした。残念。

大塚山の枝垂桜



当店から駅に向かって最初の角(サンモトヤマのある所)を左に曲がって行った、奥にあります。この空間は通りが賑やかな時でも静寂で、時が止まったような、エアポケットのような空間です。

この枝垂桜は枝ぶりも見事で、勢いもあるので、中々見応えがあります。



この近くに室生犀星の別荘(シーズン中は見学可)がある細い100m位の未舗装の小路があるのですが、その小路も素晴らしいので、いずれ紹介の予定です。



大塚山は当店の真裏にある山で、アレキサンダークラフトショー(小学校の授業に良く出てきた名前なので、長い名前ですが覚えてしまいました)という、軽井沢に別荘第一号を建てた人の別荘があった山です。

今はその別荘を復元したものが、ショー礼拝堂の横にあります。

(その礼拝堂と別荘は、これまたいづれ紹介の予定)

大塚山は山といっても高さ20m位で、丘といった方がしっくりきます。

塚というくらいなので、昔はお墓かなにかあったのでしょうか、

以前から気になるのですがこれまた未確認。



大塚山は小さい頃にセミ取りに何度か登ったのですが、浅間山や離れ山・軽井沢市街も見渡せて、ちょっと登っただけなのにビックリするくらい眺めが良く、別荘を建てたのも納得です。



僕の部屋からこの山がいつも見えるので、なんだか愛着があります。