須坂駅をでて少し歩くと「蔵のまち観光交流センター」ってのが

ありまして、なんとそこで自転車が無料で借りられる!



とりあえずそれを漕いで今回のメインイベントとも

言える須坂市動物園に向かう。



途中にあった洋館



動物園は桜で有名な臥竜公園にあります。

こじんまりした動物園ですが、なんか良い!

相当気に入りました。



桜のときにもぜひまた来てみたい。



ハッチという有名なカンガルーがいると事前に訊いていて

ひとつ拝んでくるかと思ったらすでに亡くなっていて

代りにその子ども達がいた。



異様な七面鳥。食べたことない。

七面鳥



公園の中に博物館があってそこもついでに行ってみた。

根付と印籠が展示してあって、まとまって見るのは始めてだったので

面白かった。根付が欲しくなった。

題材がユーモラスというか奇妙なものもあって目を引く。



動物園を後にして、寒いしせっかくなんで昼から一杯やりますか、

ってんで駅前をフラフラしてたらおあつらえ向きの庶民的な店を発見。

そこも良かった。駅前2Fにある店。



駅前風景須坂駅前風景こういう風景って日本中にあるんだろうけどなんか味わい深い。

駅前のこんなとこにまでイオンが!



全く個人的な須坂の紹介になってますけど、他にも

色々ありまして詳しくはこちらをご覧下さい→須坂市観光協会



地味といえばかなり地味な町ですけど、

普通の観光地に飽き足らない人には強力にオススメします。



その後はフリー切符片手に終点湯田中に向かう。



屋代線とはうってかわって電車も空いているあまりの長閑さに寝てしまった。



途中で中野で乗り換え時間があったので駅前にでてみましたが、

それこそ何もない!雪も降ってきて慌てて退散。



つづく終点湯田中では雪が本降り。ひと風呂浴びたいとこでしたが寒いしタオルもないので

ひたすら雪の中をウロウロして駅に帰る。



駅で電車を待っていたら西洋人に沢山会う。

スキーもできるしsnow monkeyなんていって猿が温泉に

はいる有名な地獄谷温泉が近いので人気なようです。



その後長野に向かって長野電鉄全線走破が完了。



駅近くの居酒屋で独り静かに(寂しくともいう)祝杯を

あげて、そこからまたしなの鉄道に揺られること90分。



そこからまた深夜の軽井沢を自転車漕いで帰宅。





全くまとまりなく良さが伝えられてないとは思いますが、

近年まれに見る物凄く充実した日帰り旅行。



たまには電車でフラフラするのも良いもんです。

また機会があればどこかに電車で行ってみたい。