毎年恒例のようにハーレーに乗って何十年に渡り

お店に来てくださる方にゴールデンウィークに聞いて初めて存在を知った

珍しいバイク博物館「浅間記念館」。



家から30分位のところにあるのに全く知らなかった!



有名な鬼押出し園のすぐ近く。



鬼押出し園に行けば簡単にわかるだろうと思って

とりあえず行ってみたら、意外と判り辛くてウロウロしてしまった。

よく下調べして行くことをオススメします。



国内外を問わず珍しい旧車が展示してあります。

毎年展示が変わって今年は「バイクの源流 世界の名車」。

ほとんどSFのようなエンジンの形



それにしても昔のバイクは個性がはっきりしていて魅力的。

何故に今のバイク(車)はみんな似たり拠ったりに

なってしまったのか。



小さい建物ながらもバイクがところ狭しと並んでいて、

雑誌などの資料も充実。

太っ腹にポストカード3種が無料でもらえるというサービス付き。



特筆すべきはこの博物館のHPからも判りますが、

建物全体に漂うなみならぬバイクに対する「愛」。

頭が下ります。



小規模ながら大袈裟な箱モノ行政の対極にあるような

手作り感と愛溢れる充実した博物館です。



この博物館は戦後行われた浅間火山レースの関係者などが

母体になって創設されたと聞きました。

軽井沢とバイクってのは昔から縁があるようです。



自分もバイクを買ってから知ったけれど、

父親も祖父もバイクが好きでかつてはウロウロしてたらしい。

親戚にもバイク乗る人が多い。血なのか。



今回訪れませんでしたがこのちょっと廃墟感ただよう

建物の下にあります。

鬼押出しから見えるので目印になります。



駐車場で出合った国産旧車乗りの方3名と一緒に観て回ったのですが、

詳しい方達だったので色々教えてもらえて面白かった。

その内の1人は長野市の工具屋の店長らしいので

ちょうど必要な工具もあるので今度訪ねてみたいと思います。