先月から当店でひっそりと販売の始った

「アップルソース(メイポール)」についての話。



メイポールとは言っても自分もかなり付け焼刃な知識なんで、

間違ってるところがあったらご指摘下さい。



聞き慣れない「メイポール(MAYPOLE)」とは、りんごの品種名。

(自分も1年前まで知らなかった)



姫りんごのように小粒で酸味が強く、

果肉もピンク色になるのが大きな特徴です。メイポール

花もピンク色で綺麗だそうですが自分はまだ未見。

来春に見にいってみたいと思ってます。



こういった小粒の園芸用のリンゴを「クラブアップル」というそうです。

てっきり「club apple]でなんの倶楽部なんかと思ったら違って

「crab apple」だそうです。



「crab=蟹」で蟹りんご?なんのこっちゃと思って

ピコピコとネットを検索してみると

「酸っぱいりんごで食べると蟹のように赤くなるから」

「なんとか語でもともと『crab』が野生のってな意味だから」

とか書いてあったけれどはっきりとしない。



今、手元の辞書を見てみたら「crab」には蟹以外にも

あら捜しをする・妨害する・意地悪な人などの意味もあるようです。



小さくて酸っぱいリンゴなのがなんか意地悪な感じだからなのか?

なんて勝手に想像してしまいます。



このクラブアップル達は欧米では広く園芸用として出回っているとのこと。



日本ではほとんど見かけない。



ところがドッコイ、このメイポールは日本が誇るりんご「フジ」の

受粉樹として植えられているとのこと。

メイポールの木メイポールの木

探してみたら3名ほど作ってる方を発見。



試作を重ねてようやくできあがりました。



なんせ初めての果物で情報も少なく思ったよりもいろいろてこずってしまった。



色も味も満足のいく仕上がり。

当店の通常のジャムよりも緩めの仕上がりでフルーツソースっぽいので

名前はアップルソースとしました。



ラベルもちと変えてみました。



ヨーグルトやアイスに良く合いますし、パンにもジャムとしてお使い頂けます。



このメイポールは去年の京都伊勢丹に出店した次の日に

たまたまお誘い頂き参加した会

「りんごの新品種と加工用途について考える」でこのメイポールと出会う。



たくさんのりんごが出品されている中で、

このメイポールにはなんだかピーンときた。



1年経ってこうして無事に出来上がって喜びもひとしお。



正直なところ珍しいジャムはいちごやブルーベリーなどの定番に

比べてあまり手がでない方が多いのですが、

うちの珍しいジャムは珍しいだけじゃなくてちゃんと美味しいと

自負してますのでぜひ一度お試し下さい。