11月に出店した神保町ブックダイバーと動楽市。

おかげさまで両方ともに無事終了。



来ていただいた方々、ダイバーご夫妻、動楽市のスタッフの皆様、

お世話になりました。



荷物降ろして車を置いてきて、

現場に戻ったらすでに待ってる方が数名!

慌てて開店してその後もひっきりなしのお客さんで、

記録的な忙しさ。翌日はのんびりだったんですけど。



2日目暗くなってからのセーシェル旅行の会社

グロリアツアーズ セーシェルデスクの方がまさかのご来店。

世界最大の種子 セーシェル産のフタゴヤシを持ってもらって記念撮影。セーシェル旅行勝手にミスセーシェル決定。



セーシェル愛に溢れるキュートなお方でした。

話し聞いたらホントにいつか行きたくなりました。



他にも色んな方が来てくれて目白押し。



初日に取材してくれた方の記事もこちらから見られます→

名店手帖 vol.08 「世界の木の実と雑貨 小林商会」

マイナーな活動なのに熱心に取材して頂けて感謝であります。



なんでジャム屋が木の実を扱ってるんだとさんざん訊かれてきたんですが、

これからはこれを読んでもらおうと思います。



他にも第1回からかかさず見に来てくれる長野のゆるキャラ アルクマ、

じゃなくって神保町のヒロクマさんの記事→20歳未満は見ちゃダメ!禁断の木の実が神保町にやって来た!!

読んでるこっちの目頭が熱くなります。



ダイバーさんの記事→世界の木の実まつり、次回は4月







神保町に先駆けて出店した群馬は富岡で開催の動楽市。



こちらは初めての多肉植物×木の実での出店でした。



木の実と多肉植物、この2つを一緒に並べてみたい!という

よくわからない衝動にかられてやってみました。



始めてということで課題も多いなと実感しましたが

実現できて嬉しい。



ご協力頂いた群馬県の若き園芸研究家のAさんありがとうございました!





なんとかぎりぎり雨も降らずに無事終了。



この富岡出店前から風邪を引き余裕なくてあまり

ちゃんと写真撮れてないんですが。。。



これからもボチボチしつこく木の実の活動を続けていきたいと

思いますのでよろしくお願いします!