小林商会in神保町ダイバーにお越し頂いたみなさま、
ホントにありがとうございました。

いかんせん始めてのことだったので、不安もありながらの
出発でしたが、終わってみれば自分としては大成功。
ひとえにお客様、友人、知人、そしてなによりダイバーさんが
あってのことと感謝の気持ちで1人枕を濡らしています。
(感謝をカタチであらわすよーにという声も聞こえてきますが・・・)

ダイバーさんの懐の深さにも感激。
深すぎて自分なんぞには底が見えない。
ご本人曰く「ただのパープーです」とおっしゃいますが・・・。

初日は雨が降ったり止んだりでしたがちょうど設営のときに
降らなかったのが幸運。皇居の近くなんでカミカゼだったのか・・・。



わけ判らずとりあえず商品並べ始めているところで、
記念すべき第一号のお客様が颯爽とお買い上げ。
記念写真を撮りたいくらいでしたが全く余裕なし。

その後もご来店予告を頂いていた木の実マニア(笑)のお客様2名。
予告頂いていたのもあとから考えるとずいぶん励みになりました。

その後も雨のなかぽちぽちお客様がいらっしゃる。
雨の中わざわざ来てくれた皆様に感謝の一日。


2日目は晴天でついに本番というか全開。
七輪でお茶淹れながら店番、という夢(小さい夢だなという声も聞こえますが)
もかない、ただそこに座って居るだけでも幸せなのに、
更にお客様・友人・知人が沢山来てくださり、これまた感涙。

こうしてると昔からこうやって暮らしてきたような
不思議な気持ちで、できることならこのまま木の実を売りながら
旅に出たいくらいのものでした。

そんな感じで始めての試みでしたが、
自分としては予想以上の大成功。
色々な意味で勉強にもなり、その価格、プライスレス。
とはいえ課題も見えてきたので今後修正していきたい。

これからも随時できたらいいなーと思っています。
出店要請がありましたらお気軽にお声をおかけ下さい。
本業(ジャム)に支障がない範囲でできる限り行く予定。



自慢の露天商道具。
ケニアのイス(8年前に購入)、マリの七輪(アカイ氏のお土産)、
イギリス軍のヤカン(14年前に購入)、ベトナムのお茶淹れ(お土産にもらった)、
フランスのポットカバー(母の私物)。

七輪があるのでこれで鍋焼きうどんもいいかなと。
夜はこのまま焼き鳥大会か、と夢膨らむ(小さい)。

今まで自分がもやもやと思っていたことが形になった一日でもありました。
露天商、屋台、木の実、博物館、路上、雑貨、旅行・・・

なんやかんやで2日目閉店が8時。
車で帰り道に飯田橋で1本曲がりまちがえ、
気がついたらいぜん働いていた会社の横の道にでる。
こういったちょっとした偶然も色々あって不思議な2日間。

大袈裟なんですけど、人生の不思議さや、
まわりの人達のありがたみを強く感じる2日間。
友人には「今更気がついたか?遅いよ」「ただ歳とっただけだよ」と
言われましたが・・・。

今後もこの「世界の木の実と雑貨 小林商会」は小林商会ツイッター
主に情報発信していきたいと思っているので宜しくお願いします。


ダイバーさんのブログ記事→「“世界の木の実”販売、無事に終了
ご来店頂いた方のブログ記事→「世界の木の実が集まるところ
神保町のフリーペーパーのブログ記事→『神保町「古本・ブックダイバー」でめずらしい「木の実」市=17日・18日』