すでにはるか前のような気がしますが
京都伊勢丹での出店も無事に終了いたしました。
京都伊勢丹ジャムこばやし
お越し頂いた皆様ありがとうございました。

期間中に撮った写真をしくじってほとんど破損させてしまった・・・。


出店場所のお隣がいつもブラムリーでお世話になっている小布施屋さん。
奇遇でありました。
初めてお会いした来ていた小布施屋の方が
最初会ったときから誰かに似ているなーと
思ったらちょうど関西は大阪に住んでいる友人にそっくり
(昔当店でアルバイトしていたことあり)。
見た目だけでなく物腰や喋り方まで似ている。

早速写真を撮らせてもらって友人に送ったのが
こちらの写真。
そして友人からお返しに送られてきたのがこちら最初この写真を見たときは小布施屋さんの写真かと
勘違いして混乱した。

小布施屋さんに見せたら「自分の写真かと思った」とのこと。

この友人が伊勢丹に現れるかもで夢のツーショットなるかと
思ったら結局来なかったのが今回唯一の心残り。
(上記の写真掲載は両者の了解を得ています)


もう1つ奇遇なことで、以前働いてた会社の先輩が
たまたま京都に来てて現れる。
この先輩は前にも関東に出店している時に仕事帰りに
駅前でバッタリ会ったりとなにかと縁がある。
「うら若き乙女だったら嬉しいんですけど」
って言ったら「こっちのセリフだよ」と言われる。
そりゃそうですね(笑)。


度々お世話になっているニイツ氏も就職のため今回が最後。最終日にこれで最後かと思うとしみじみとした気持ちになる。


最終日終わって次の日は大阪で
「りんごの新品種と加工用途について考える」というマニアックな
集まりが大阪の市場で行われていてお誘い頂いたので自分も参加。
こちらの集まりにもブラムリーをひっさげて
小布施屋さんが参加という奇遇。

ある意味、日本のりんご品種の最先端!って感じで
とても興味深い内容でした。
普段見ることのないりんごも多数展示されていて勉強になりました。りんご新品種

数ある展示されたりんごの中で1種類、とても興味深いのがありました。
入手経路と加工にてこずりそうな流通していないりんごでしたが
いつかは道をつけて手に入れたい。

このりんごの存在を知ったのは大収穫。


他にも色々と目白押しで充実した関西巡業でした。
もう12月か・・・。