横川駅を出てすぐのところに
碓氷鉄道文化むら」という施設があります。
色んな列車が置いてあって乗ったりもできるようです。
鉄道好きや子供には楽しそうですが、自分は入ったことないです。
横川鉄道文化むら妙義山をバックに不思議な光景。

ここは新幹線開通前は原っぱになっていて、晴れた日なんかは
それは気持ちの良い場所で、一人の時に良く寝っころがって、
本読んだり、ウォークマンを聴いてた思い出の場所。

ここから歩くこと20分位で旧丸山変電所に到着します。旧丸山変電所旧丸山変電所
教会っぽい外観でカッコいい。
電車の中から見てただけで行くのは今回初めて。
新幹線開通後にリニューアルして綺麗になりました。
前は廃墟のようになっていて、おどろおどろしい迫力があり、
それはそれで魅力的だったので、その時に行ってみたら良かった。

現在、中には入れません。
横浜の赤レンガ倉庫みたいに利用したら面白そうなとこです。

丸山変電所裏側裏側は昔のままっぽい。
廃墟感漂います。

上記の鉄道文化村から以前の線路を使ったトロッコに乗っても行けます。
この変電所がどこにあるのかわからず、
「結構遠いのかなー、トロッコ乗ってみるか」なんて話していましたが、
男2人、トロッコにどんな顔して乗るんだろーかと
心配していたので、冬季休業でホッと胸を撫で下ろす。

トロッコに乗る2人連れの男、
寒空の下、思わず手を握っちゃったり、
なんてなことになったら危ないとこでした。
ふー危ない。

トロッコは峠の湯という温泉まで通じてます。
この温泉もいずれ掲載予定。景色の良い温泉です。

鉄道文化村から旧丸山変電所へ続く道丸山変電所へと続く道一直線でなんかしみじみした心地になります。

その途中で見える高速道路の高架。ここだけ未来感漂い、シュール高速高架

これも線路沿いにある現役?レトロ看板コーナー横川レトロ看板昔から変わらずあったのでなんだか安心。

峠の釜飯入れ物丸山変電所の脇にうち捨てられていた峠の釜飯の入れ物。
たまに地方でも見かけると懐かしいような気持ち。
灰皿か花壇の端っこなんかによくある。