ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

2009年05月

今回は簡単にできるルバーブパイの作り方の紹介。
ルバーブパイは赤毛のアンにもでてくるそうです。
いかにも欧米な感じのするお菓子。
ルバーブの酸味が爽やかで香ばしい生地との相性も抜群。

冷凍のパイ生地があるのでホント簡単。
好みで薄いパイを作りましたが中身のジャムを増やして厚くしても。
お好みです

所要時間90分位 タルト型は直径20cmのものを使用
材料 冷凍パイシート2枚(300円位)・ルバーブ300g・砂糖150g・溶き卵適量(なくても可)

パイ生地
パイ生地を伸ばして型に合わせます(土台用)。もう一枚の生地も伸ばして型の大きさに合わせてカットします(上蓋用)
パイ生地伸ばしたとこ
型に合わせて生地を敷き込みます。今回火のまわりが良いように穴を開けてありますがなくても可
パイ生地枠にいれたとこ
オーブンペーパーを敷いて重石(今回豆を使いました)をのせ生地が動かないようにする
パイ生地重し用豆
オーブン200℃で15分(色付くまで)
生地焼き
重石とペーパーを除いて200℃で5分(今回穴を塞ぐため溶き卵を塗ってあります)
生地焼き2
土台のできあがり

中身の制作
ルバーブ
ルバーブを刻んでお砂糖をまぶして煮てジャムにします。
詳しくはルバーブジャムのレシピを参照。煮詰めて固めに仕上げる。
ルバーブ煮てるとこ
ルバーブ煮てるとこ2
パイの中身ができあがり
ルバーブジャムできたとこ
できたジャムを土台に流し込み、上蓋の生地をのせてふたをする(冷めてからフタをしないと上蓋の生地が溶けるので注意)。上蓋に空気抜け用の穴を開けます(今回模様も描いてますがもちろんなくても可)
ルバーブパイ上蓋
オーブン200℃で20分。上蓋表面に溶き卵を塗ると仕上がりが綺麗パイ焼いているとこ
ルバーブパイのできあがり
ルバーブパイできあがり
ルバーブパイ切り口
残ったパイ生地に砂糖とシナモンを振って小さくねじってオーブンで焼いてお菓子にしました
パ生地残りでお菓子



今回はジャムとは直接の関係はないのですが
以前に当ブログでも紹介したアカイヒロシ氏
大阪にてジャンベ教室を始めたのでその宣伝。

場所:大阪市立中央青年センター(森ノ宮駅または谷町4丁目から徒歩約8分)
日時:基本的に毎週木曜日 18:30〜20:45
参加費:1500円

「初めての方、大歓迎!」だそうです。

興味のある方は当店にメール頂ければ連絡先等お教えしますので、
お気軽にご連絡下さい。

あまりジャンベのことは良く判らないのですが、
この1500円はかなり良心的な価格ではないかと思われます。

今春から大阪の大学院に行き始めて現在大阪在住。
今年の夏は当店のアルバイトとしてまたしても現れますので
宜しくお願いします。

昨日は軽井沢も29度まで気温が上り5月の観測史上最高気温を更新。

予定通り今日からルバーブの収穫・販売始まりました。
店頭のルバーブ
本日、お送りでご注文を頂いていたお客様には初物を発送させて頂きました。

写真のように店頭販売も始まります。
今回は日曜日の収穫でしたが7月一杯までは毎週木曜か金曜の収穫で、
売り切れ次第、店頭での販売は終了になります。
店頭でルバーブ購入のご予定のお客様はお取り置きもできますのでご用命下さい。

5/2〜5/6の短い間でしたが手伝いに来てもらったニイツ氏。
ジャムこばやし アルバイト
長野県佐久市出身で仏文専攻の学生さん。三味線もやっているそうで
フランスと三味線の組合わせがワインと天麩羅みたい。

肯定表現「素敵。」、と否定的表現「チーン。」が口癖の爽やか?ボーイ。
学校やら三味線やらで急がしそうだけど夏も待ってます!
ゴールデンウィーク来てくれて助かりました。
お疲れ様です。

髪の毛のモジャモジャは天然です。

↑このページのトップヘ