ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

2010年09月

シルバーウィーク中ではありましたが、
9月21日の水曜日はお店をお休みして、
ブラムリーをとりに今年も小布施に行ってきました。

例年よりも2週間ほど遅い収穫。
猛暑の影響などで寸前までどのくらい分けて頂けるかわかりませんでしたが、
分けてもらえてホント良かった。
ブラムリーブラムリー

生のブラムリーの販売も好調で出荷調整しているそうで、
改めて人気にビックリ。
地域特産品として企画してここまで成功している例を他に寡聞にして知らず。

小さいりんごこのちっこいリンゴはブラムリーと同じく海外から試験的に
輸入して育ててるリンゴ(名前聞いたけど忘れました)。
ジャムにすると美味しいらしいのですが小さいので大変。
そんなわけで試験段階で終わって1本しか木がない。

生で齧ってみたら果肉がピンクに染まって不思議でした。


おまけで長野市内で見つけた民家の生垣生垣電車なのか犬なのかもうひとつわからない。

先週、ルバーブビーツと一緒に、
かざりカボチャやらハロウィンボチャ
インディアンコーンなどを後ろが見えない+助手席も山積みで、
店に帰ってくる途中にガソリンスタンドに寄りました。

ガソリンをいれてくれたおねーさんが山積みのカボチャに興味を
もったらしく、「これ飾りに使うんですかー」なんて
話しかけてきて話していたら「お店の飾りに使うー」ってんで、
成り行きでお買い上げ頂きました。

初めての移動(中)販売?ということでなんだかとても嬉しい。
路上販売や屋台に憧れがあるのでなんだか少し仲間入りしたような心持ち。

「そーいえばガソリンのプリペイドカードの名前が
パンプキンカードですね」と言ったら「うまい!」とお褒め頂く。

それだから飾りに使うのかと思ったらたまたまだたようです。

今年は暑かったせいかカボチャやモロコシのできが良い。

調子にのって店頭でも大量陳列中です飾りカボチャ飾りモロコシホロウィンパンプキンミニ
毎年、種が色々に交配するのでできあがるまでどんなのができるかわからない。
最近やっと種のブレンドのコツがわかってきました。

初夏から秋まで農家をハシゴすることが多いので、
荷物山積で車に乗っていると、あとから知り合いに
「何をあんなに載っけてるんだ」と良く訊かれます。

数年前に夜に走っていたら、警官に職務質問されたこともありました。
過積載みたいのでキップ切られるかとおもってそんときは焦りました。

一昨日と昨日は雨模様で日中の最高気温が15℃と
急激な寒さ。先週の半分くらいの気温。
朝晩は早くもセーターを着てました。
寒くなると温泉に行きたくなる。

今日はやっと平年並ですがすがしい天気。
空の雲も秋らしい。

8月いっぱいでルバーブの株も弱ってきたので、
収穫終了かと思っていたら、9月に入って気温が落ち着いたので、
何故かこの時期に成長してボチボチですが収穫再開して販売してます。
お送りは傷みやすいので中止してますが、
9月中は随時収穫して店頭販売していけそうです。

今日もありますので、連休中も販売しています(売切れ次第終了)。

一方ビーツは猛暑の影響で葉っぱが弱ってしまって、
例年よりもずいぶん小ぶりなでき。
葉っぱが成長しないと土の中の実も成長しない。
10月中も販売できそうですが随分と小ぶりになりそう。
ですので、kg単位の販売がお徳になりそうです。

今年は猛暑の影響で軽井沢周辺の
キャベツやブロッコリーなどのデキが随分悪い。
農家の方も「相場は高いけど売るもんがないんじゃしょうがないや」
とボヤいてました。

当店でお願いしているコールラビもキャベツ系の野菜なので、
同じく猛暑の影響か、収穫が今までになく不安定。

その反面ズッキーニは雨が少なかったので株が傷みづらかったのか
収穫量が大幅増。
巷の野菜が高い中、当店は変わらず105円で、
市販のものに比べるとはるかに大きいので、
この夏は今までになくズッキーニが良く売れました。

先週、久々に訪れた峠の見晴台。
3年前に掲載の写真とはまったく違う雰囲気。
早朝に行ったら秋の空気で澄んでいて眺めよし。
写真撮ったので再び掲載。

浅間山浅間山
峠の見晴台眺め峠の見晴台群馬側の眺め

これからの秋晴れの時期は特にお勧め。
当店から車で10分もかからないのでぜひ立ち寄ってみてください。

8月中旬くらいから飾りカボチャやハロウィンパンプキンの
収穫も始まり、それにプラスして最近になってズッキーニや
コールラビの収穫量も増えてきたので店先が充実。
ジャムこばやし店先
ズッキーニとコールラビは8月中は収穫が少なかったのですが、
ここにきて急激に収量アップ。
やっぱり暑すぎたせいなのか?良くわかりません。

ビーツも安定して店頭にあります。
ルバーブはこの時期になると傷みやすいのもあって、
基本的に販売休止中ですが、ときおり店頭にカオを見せています。
ちなみにルバーブは今週末にも若干店頭販売あります。

明日・明後日とお店はお休みですが、明日は仕事?で東京日帰り。
うわさの東京の暑さを感じられるのが楽しみでもありますが、
すぐにへばりそう。
日帰りで東京ってのも久しぶりです。

来週あたりはブラムリーをもらいに小布施に出動予定。
いつになったらゆっくり休めるのか・・・。

7月後半からの異様な暑さと、
油断して創業以来で最も人が少ない夏を迎えていたこともあって、
お盆前にはヘロヘロになっていましたが、
そんな中で救世主のように現れた、またしてもニイツ氏。

お盆明けに登場したハロウィンパンプキンとともに。
近所の小学生、ではなくて東京の大学に通う大学生。
他の使命も背負ってきたのですが、
そちらの使命もなんとか果たしてくれました。

いつもヒラヒラと軽快な動きを見せていましたが、
今回は初めての夏でさすがに疲れたよう。

疲れすぎてテンションが上がってたまに壊れてました。
自分もそうですけどあんまり疲れるとアドレナリンがでるのか
テンションあがります。

10月20日からまた二子玉川の高島屋に
一週間お邪魔する予定で、ニイツ氏も近所に住んでいるので
そのときも ふたたび手伝ってもらう予定です。

宜しくお願いします。

今年も夏の疲労がピークに達した8月27日土曜日に
レーヌクロード摘みに行ってまいりました。

前日に連絡をいただき、4時半起きにて出発。
たまの早起きは気持ち良いけれど、帰ってからも
変わらず仕事で夕方からは意識が朦朧・・・。

この木が一番大きいのですが、先月の大雨で太い枝が
一本折れていて、無念。

去年は不作で少しだけ分けていただきましたが、
今年は豊作でたっぷりの収穫。

豊作といってもちょっと考えていた生で販売する余裕はなく、
うちでジャムにする分で手いっぱいでした。

このレーヌクロードですが巷ではじわじわと前より
広まってきていて、何かと問い合わせも多い。
いつか大ブレイクするのではと密かに期待。

ブレイクしても沢山ないのでしょーがないんですけど。

このレーヌクロードはフランスなどのヨーロッパでは
一般的な果物みたいなんですけど、オレンジ色のプルーンで
ミラベルってのがヨーロッパには同じようにあって、
それも誰か日本で栽培していないもんでしょーか。

冷凍の輸入物はお菓子やさん用に入ってきているみたいなので、
日本で栽培したらきっと需要があると思うのですが。

ジャムの販売はこちら→レーヌクロードジャム160g630円

このジャムの色をみてたまに「色が美味しそうじゃないなー」と
おっしゃる方がいますが、自分にはとても美味しそうに見える。

馴染みがない果物でしょうけど味は保証しますので、
ついでのときにでもお試し下さい。

レーヌクロード(クロード女王)って名前も気取ったような名前で、
なんとかならないもんかと思いますがいかんともしがたい。

↑このページのトップヘ