ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

カテゴリ: お店のこと

あっという間に12月も後半。

年末年始の営業のご案内。



通常通り12月26・27日は定休日

28日から1月8日(火)までは無休で営業となります。



そのあとは通常通り水・木定休となります。



年末年始の発送も変わらずやっています。



夜は寒いし暗いので5時位で店先を片付ける場合もありますが、

お店の営業は6時までやってます。



よろしくお願いいたします。


1:弱冠20歳の男子がカボチャをくりぬいて持って来てくれた。ハロウィンカボチャ

なんでも初めて作ったらしいけれど初めてとは思えない完成度の高さ!



シールで誤魔化すところが多い中でホントにくりぬいてあるのが

なんだか誇らしい。まー自分がやったわけではないんですが。



暗くなってロウソクを入れるとよりキレイ。



難点はカビが生えてくるところかな・・・。



2:弱冠16歳の男子が釣ってきたアブラハヤアブラハヤ

食べてくれともらったけれど、なし崩し的に飼育中。

お客さんも興味深そうに見ていく。

久々に生き物飼ってみましたがなんかいいもんですね。

本格的に飼育してみたくなる。



3:弱冠33歳の男子が北軽井沢で撮ってきた写真北軽井沢浅間山北軽井沢

9月頃の写真。北軽井沢は当店からでも30分位。

あまり用事がないのでめったに行かなかったけれど、

ここ数年はちょいちょい行く。

風光明媚でドライブには気持ち良い場所。

富士山と違い浅間山は見る角度によって姿を

ガラッと変えるのがポイント高い。

下の写真の左側の山が浅間山。

今年は今のところ秋のビーツの成長も順調のようす。



ビーツビーツ

去年は夏の暑さで葉っぱが弱ってしまい、

秋になっても実が大きくならなくて参りました。



うちのビーツは7月~10月が収穫期だけど、

秋からのほうが本格的に売れ始めるので、

去年はずいぶん沢山の注文を断わらざるをえず、残念でした。

今年はこのままいけば大丈夫か?



とある新商品を考えていて、そのりんごを貰いに行ったときの写真。

つがるの木りんご「つがる」の最盛期でした。



新商品にしたいのはこのりんご。まもなく販売開始できそうです。



今年は夏前半の雨とその後の少雨で果物があたり年だと言われてる。

ブドウなんかは稀にみるあたり年らしい。

確かにそのへんのブドウを食べてもどれも美味しい気がします。








バターナッツバターナッツ形が可愛らしいけど、味もポタージュにしたりすると美味しい(らしい)。



川中島白桃川中島白桃。木になってる果物ってホント魅力的。

特に桃はやたらと平和そうで、「桃源郷」なんて言葉が思い浮かぶ。



川中島白桃を使った白桃ジャムの販売も始ってます。





ブラックベリーの畑に行った帰りの写真。

高台に畑があるのでやたらとのどかで綺麗なとこです。

今年も8月下旬の疲労がピークのときに、

5時半起きにてレーヌクロード摘みへ出動。



隔年でなるって話なんですが、去年も一昨年も収穫あって

今年も少なめだけど何故か実が成ってる。どういう具合なのか。

レーヌクロードレーヌクロードレーヌクロードレーヌクロード

木の下に落っこちてる熟したやつを貧乏っちく拾ってきて

食べたけれど生でもやっぱり美味しい。



レーヌクロードの木は一時は今より沢山あったみたいだけど、

市場では値段がつかないこともあって随分減ったようです。

なんと勿体ない。切る前にうちに声かけてくれれば!



レーヌクロード摘みのあとにまだお店の開店まで時間があったので、

ついでにブラックベリーを摘ませてもらう。これも綺麗なもんです。

しかしいっぺんに熟すのではなくて、順番だから収穫が大変。

恥ずかしながら自分で摘むのは初めて。勉強になります。



傷みも早いしヤッカイな果物。



その後帰宅して開店。午後にはちょっと昼寝するつもりが、

タイミングを逸してできず、結局夜まで仕事。

さすがに夕方には意識朦朧としてきた。










今年もお盆の頃から飾り用のカボチャが

いろいろ収穫されてきてます。



店先に色々置いてあるので見てみて下さい。



モノによってどのくらい日持ちするのかわからないのですが、

大体1月~半年くらいは日持ちします。



乾いてきたり、腐ってきたりするのもなかなか味わい深いもんです。

生花を思えば安いもんですし。



ハロウィンパンプキンムスクドプロヴァンスミニハロウィンパンプキンオータムゴールドムスクドプロヴァンス



この時期になると例年だとルバーブがだんだん元気

なくなってくるのですが、今年は何故かやたらと良いのが、

今更のようにまた伸びてきてます。ルバーブ

夏前半の雨が効いたのかみずみずしくて良い感じ。

今年も生鮮品が出揃ってきて店先が充実してきました。

ルバーブ・ビーツ・ズッキーニ・コールラビ・ブルーベリなどがほぼいつも並んでます。



店先は日があたるので直射日光を遮るのになかなか手をやきます。



去年は店の入り口にフウセンカズラを這わせようと思って

途中まで育ててたんだけど、何故か途中で育児放棄。

かなりおざなりに育てて1m位成長してよくわからんうちに終了。



今年は例年通り花豆を蒔いて良い感じに育ってます。

すでに実がこんなにデカイ。花豆







久々に見つけたルリボシカミキリ

ルリボシカミキリ店の中に入ってきた。

綺麗な色。

今、ほんとにルリボシカミキリで名前が合ってるのか

心配になって検索したら合ってた。

日本の固有種で日本を代表する甲虫だったんだ!




カシスを育てている畑で同じく育てているクルミ。長野県は古くからクルミの栽培が盛んなんですが、

意外と地元の人でも生の状態を知らない人が多くて、

タマに店に生のを置いとくと驚かれる。



確かに干した殻の状態しか知らないと意外性がある。



軽井沢周辺の国道沿いの畑のはしっこにもよく植わってます。



今回始めてみた落花生の若いころ落花生苗こちらは普通の姿ですけど、花が落ちて地中に豆ができるってのは、まことヘンテコリンな植物です。変わり者。



今年は栗の花がうっとうしいくらい咲いてる気がするけど、

気のせいなのか?やけに目につく。

タマタマ花の時期に出歩くことが多かっただけなのか。クリの木

近年発売されたおすすめのロシア料理の本。



数年前にお客さんに頂いた冷たいボルシチが美味しくて、

去年この本を見ながらうちでも作ったら美味しかった。

表紙に使われている写真がそれ。



見かけによらず簡単そうなんで今度は自分でも作ってみたい。

サッパリした味で暑くて食欲ないようなときでも

喜んで食べられそうな味。



ロシア料理の本ってフランス・イタリア料理などに

比べると極端に少ない。



ビーフストロガノフやピロシキ・ロールキャベツなんかも

もともとはロシア料理で、あまり知られていませんが

ロシアの料理は日本の洋食にかなり影響を与えています。

(日本橋にある有名な洋食屋「たいめいけん」には

名物料理としてボルシチがある。ビーツは入ってないんですが。)



世界中に散らばった亡命ロシア人の一部が日本に来て、

文明開化後の日本に食べ物以外にも様々なロシア(西洋)文化を伝えています。



この辺りのことはこのシリーズの本に詳しい。

ちなみに軽井沢図書館にこの本の話をしたらシリーズでいれてくれたのであります。





ロシア料理は長く豊かな文化を築いてきて、

フランス料理にも多大な影響を及ぼしているそうです。



社会主義国家になってからその文化はかなり失われたらしい。



それが、最近になってロシアの中でも復活の兆しもでてきている

とのことなので大いに期待したい。



(この辺りの話は上記の本などに全面的によりかかってます)



当店にジャムの製法を教えてくれた軽井沢に住んでいた亡命ロシア人

(横浜の外人墓地にお墓がある)の方も、

そんな古きよきロシアの文化を伝えてくれたのかなと。





先日、仕事でモスクワに赴任している友人が泊まりに来てくれたりなんか

したもんで、なんだかロシアについて書いてみました。

全然まとまらないんですが。



その友人がモスクワにいる間にまたとない機会なので

ロシアに行ってみたい。近くて遠い国。

といっても極寒の冬にしか行けない。

寒いところに寒いときにいくのもまたオツなもんだとは思うのだけど。


梅雨が明けて軽井沢も夏本番。



やたらと暑い日に用事があって、別荘地の中を通ったら

そこはさすがに軽井沢、爽やかで気持ち良かった。



軽井沢に住んでいると羨ましがられますけど、

軽井沢が一番気持ちの良い季節は、仕事も忙しい。



一度でいいから夏の軽井沢でノンビリしてみたい。





ちょっと前まで緑だったカレンツも若いカレンツ

あっという間に赤くなった。レッドカラント

しばらくカレンツジャム160gが売り切れてましたが

近くできあがります。



恒例のカシス摘みに今年も出動。カシスカシス畑

去年なぜか木が傷んだ影響なのか今年も収穫量が少ない。

近所の方に手伝ってもらって早朝から行ったら

アッという間に終了。身体は楽なんだけどな・・・。



困ったなーと思っていたら、前から知っている人が

カシスを栽培していたらしく突然持ってきてくれたので助かりました。



原料の果物(木の実もだけど)を探していると、

いつも出会うのが不思議です。縁を感じる。



ビーツも順調に収穫・販売が始っています。

去年は夏に葉っぱが傷んでしまって、秋に成長しなくて困りました。

今年は順調に育つことを祈る!


↑このページのトップヘ