ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

カテゴリ: その他

・・・前回からの続き・・・



対馬での宿泊はネットで調べて民宿の電話番号を

メモっといたので、とりあえず電話してみたらOKとのこと。



港の観光案内所で訊いたらレンタカーをススメられたけど、

レンタカーという気分でもない。

他に方法もないので久々にヒッチハイク。



ちょうど天気良くて海も見える場所で

絶好のヒッチハイク日和。



道路に立ってものの数分で前方よりベンツがくる。



高級車ってあまり停まってくれない印象があったのですが、

今回は停まってくれて、あっけなく乗車。



その乗せてくれた方と話していたら、

自分が以前働いていた会社のお得意さんの

会長だったので驚きました。



近くに長野出身の人がいるから会っていくか、

なんて言われたんですけど、遠慮する(笑)。



自分が行く前に慌てて購入して唯一読んでいた

対馬の本がこれ





この中に司馬遼太郎が対馬に来た時に乗った

タクシー運転手が荒っぽかったので、

そこから対馬の人は漁村文化だから気質が荒っぽい、

というような話がでてる。



司馬遼太郎を乗せたタクシー運転手が

自分を乗せてくれた方の知り合いだそう。



なんでもそのタクシー運転手が、たまたま荒っぽい人

だっただけで、別に特別対馬の人が荒っぽいわけでは

ない、とのこと。



自分もそれを読んでから来たので荒っぽいのかなー、

なんて思ってたんですけど、裏話が聞けて興味深かった。



その方の娘さんが対馬の歴史をわかりやすくまとめた本が

あるから読んでみてと言われたけれど、

対馬滞在中に見つからず、家に帰ってから取り寄せました。

この本「知っとたぁこんな対馬の歴史(はなし)



手頃で読みやすい対馬の本が見当たらない中で助かります。

興味深く読んでます。まだ読み終わってないんですけど・・・。





その後また、ヒッチハイクをするために立っていたら、

パトカーがやってきて手前で停まったので、

てっきり乗せてくれるのかと思ったら、違った。

不審者だと思われたらしい。

日本国内でパスポートの提出を求められるという珍事。

なんとも不思議な気持ちがしたけれど、

いかにも韓国に近い島らしい出来事で

なんだか嬉しくなってしまった。



後から考えたら免許証の提示で十分だと思うんだけど。

おまけに荷物検査までされてしまった。





その次に乗せてくれた方は学校の先生で、

遠回りして絶滅危惧種で対馬だけに生息している

ツシマヤマネコを見せに連れていって下さる。

ツシマヤマネコのことは存在すら知らなかった。

ちょうど訪れた時に活発に動き回っていて、

こんなことは珍しいと職員の方も話してました。



ジッとしてることも多いそうなのでラッキー。

ワイルドな感じと尻尾が太いのでちょっとタヌキっぽくて

可愛らしく魅力的なネコでした。



しかし、100匹位しかもう生息してないとは!



その後に日本在来の馬である対州馬(たいしゅうば)も

見せに連れて行ってくれる。対州馬

小柄で丈夫そう。こんな馬を飼ってみたい。





大船越にある民宿に無事に到着してあたりをブラブラ。

民宿の前がもう海。静かな海で人も誰もいなくて、

良くいえばプライベートビーチってやつなのか。



大船越の港周辺



静かで穏やかでとてもいい集落でした。



夕飯食って陽が暮れたらなにもすることがない。

疲れていたのか9時には就寝。





続く・・・










冬の間に友人がいるモスクワに行く予定だったの

ですが、中止になり、釜山と対馬に行ってきました。

2年ぶりの1週間長期休み。



代わりに行ったことない国に行こうと思って、

ネットで航空券を見ていたら韓国行きがやたらと安い。

ちょうど韓国には行ったことがないので決定。



前から都会的なソウルよりは釜山が気になっていた。

海なし県で育ったせいか海があるのも魅力的にうつる。



チケットは成田往復でエアプサンという航空会社で

2万円しない!



韓国の地図を見ていたら釜山と対馬がすぐ近く。

調べてみたら釜山から対馬まで船で1時間位。



こりゃ行かねばと思ってからは、むしろ対馬に上陸する

のが目的になってしまった。



釜山港から対馬に行く船が朝8時出航だったので、

7時ごろに港に行ったらごった返してて、

どうしたんかと思ったら、対馬旅行に行く韓国人の

団体さんだった。窓口の人に聞いたら、毎週末は対馬旅行に

行く人々でこんなかんじだという。



対馬に行く人はそんなにいないと思っていたので驚いた。



そして窓口でチケット買おうと思ったら満席。

対馬行が1日2便でてるんだけど両便ともに満席で

キャンセル待ちがすでに数名とのこと。

翌日もすでに満席。



しょうがないから港で待ち出航20分前に

無事チケット入手。



帰りの便は適当に対馬で買おうと思っていたら、

そっちもほとんど満席なので購入しておいたほうが

良いとのこと。

しかも翌日の日曜の便しか空きがないという。



2~3日は対馬に滞在しようと思っていたけれど、

帰れないとメンドイので止む無く翌日の帰りの

チケットを購入。



8時出航で9時には対馬の比田勝港に到着。

ホントあっという間に日本領土。



こちらが比田勝港のイミグレ建物比田勝イミグレ安いプレハブの倉庫みたい。

船を降りたら職員の人が「日本人のかたー」と叫んでいたので

向かって行ったら自分だけであっという間に入国。



しばらく港周辺をブラつき、港に戻ってきたら

ほとんど誰もいなくなっていて、

到着したときの喧噪がウソのよう。



近くの人に訊いてみたら、ほとんどみんな団体旅行なので、

バスに乗り込んでいってしまうとのこと。



さてどうするかと、バス停の時刻表を見たら、

1日4便しかない!

そして次にバスがくるのは3時間後だった・・・。



続く

お店の定休日に新人アナウンサーの生中継の取材の

練習をしているからやってくれないか、と依頼があり

やってみました。



終わったときに撮らせてもらった集合写真。



ジャムがメインで時間が余ったら木の実もぜひ、

なんて言ってたけれどジャムだけで時間足りないくらいで終了。



練習なんでもちろん放送はされないみたいなんですけど、

面白い経験で、きたるべき木の実の全国放送の良い練習になりましたとさ。



今まで録画の取材はあったけど、生中継ってのは大変なもんなのですね。



後日アナウンサーの方から手紙が届き、

なんだか心に沁みるものがありました。

夏に撮った写真から



ひょうたんりんご8月末にサンプルとして1個だけ海外からとってみた

りんごの形をしたひょうたん。



これがひょうたんとは信じられないくらいリンゴ形。かなり気に入ったので多めにすでに注文。近く入荷予定。1個3150円。



このサンプルもとりあえずお店に置いといたらすぐに売れてしまった。



マンネンスギことしももらったマンネンスギ。

今回はいつまでもつのか。爽やかな緑がみずみずしい。

お店と仏壇に活けてある。



コクワガタ今年はやけにこのコクワガタを見る。

反対に軽井沢で一番よくみかけるアカアシクワガタを一匹も見なかった。


前回ブログに載せた「油や」に行く前にヒッチハイクを

している人がいたので乗っけていっしょに行きました。



油や前にて記念撮影油や



自分も高校から大学にかけてよくヒッチハイクで

旅行していました。ちょうどこの日は往きの車の中で

ヒッチハイクして旅行してたときのことを思い出して

たので、帰りにちょうど立っててビックリ。



自分が最後にしたのは3年位前で、仕事で西のほうに行った帰りに

電車の便が悪いのでやってしまった。

その時は色々説明するのがややこしいので、「学生です」

とウソついてました。スンマセン。



今回のカレは宮城の大学生で山梨周りで新潟に帰省中とのこと。



自分は御代田から軽井沢までと乗せたのは短い間だったけど

なんか乗せられて自分も嬉しい。



日本て車多いし治安も良いのでヒッチハイク天国だと思うんだけど

どのくらい普及してるのだろうか?

エコノミーだしエコロジーなんで時代にもマッチしてると思うんだけど。



自分が今までに乗せたのは今回をいれて4人目。



みんなで乗せたり乗せてもらったりしたらなかなか

楽しい世界になると思うんだけどな・・・。

長年にわたり当店のルバーブを使って下さってるお客様が
東京は町田で「ドイツ・オーストリア生活文化館」というものを
主催しています。

町田にある国際版画美術館の向かいにあります。

こういった本も昨年出版されました。



食事や喫茶もやっているみたいで訪ねてみたいけれど
なかなか行く機会がないなーと思っていたところ写真を頂いたので
今回掲載。

P1000193
P1000167
P1000173
P1000173


庭も広くて綺麗に手入れされてるみたいで気持ちよさそう。

料理教室なども開催されていていつも盛況みたいです。
ルバーブを使ったルバーブのトルテ。
P1000192
P1000185
P1000184
P1000183

ルバーブパイと違って生のルバーブをそのまま並べて焼くので
ルバーブの酸味がいきてて、爽やかそう。
一度食べてみたい。

コンサートを開催したりもしています。

いつかは行ってみたい。

町田の国際版画美術館には10年位前に行ったけれど
その時には全く気が付かなかった。

10年位前に町田に住んでた友人宅にしばらく居候していたので
なんだか馴染みのある町です。

所用があって久々に諏訪に行った帰りに、

蓼科を通って望月の知り合いの家に寄る途中で

山中にいきなり採掘場が現れる。望月採掘場望月採掘場望月採掘場



近距離から見たことがなかったのでそのワイルドさに

圧倒されて思わず撮影。



だだっぴろいところで人気もないので、

敷地内の人にジロジロ見られてちょっと緊張。



ここから本題。



その後、望月の方にこの採掘場の話をしたら、

『この辺りは「鉄平石」の産地で有名なんだよ、鉄平石の採掘場かな』

と言われて初めて知った「鉄平石」。



たいらな石で加工も容易なので昔から屋根瓦の代りや、

漬物石・庭石などに使われているとのこと。



そういえばうちにもあった!

漬物石として使ってました。鉄平石鉄平石鉄平石2枚目の写真の下の石も鉄平石かと思われる。

気にしてみると結構いたるところで見かける。



昔から身近にあってなにも考えてなかったけど、

佐久や諏訪の特産品だったとは。



例によって詳しくはこちらを→鉄平石(Wikipedia)



特産品のわりには売っているのを見たことがない。

存在感あるしなんかカッコイイので面白い。



ディスプレイや台にも良さそう。



店なんかで何かに使えないかなーと考えてるけど、

意外と妙案が浮かばない。



結局いまのところ漬物石や庭石として働いてます。

40数年前にうちでバイトしてもらっていた方が

軽井沢に移住してて、先日ふと思い立ってブラッと

家に寄ってみました。

前に会ったときに「いきなりくんなよー」と言われてたけど、

いきなり行ってみたら、なんだか見慣れない機械がガレージにずらり。

訊いたら発動機と呼ばれる原始的なエンジンで集めてるとのこと。



えーと、発動機についてはこちらをご覧下さい(手抜き)→石油発動機(Wikipedia)



発動機に埋もれてなんだか高そうな車が出られない(笑)。



5月20日に第1回「発動機運転会」なる発動機マニアが集まる

催物がここで開催されると聞き、興味津々。

行かねばなるまい。



当日はちょっと早起きして開店前に行ってきました。



その日は軽井沢の大きなマラソン大会があったので

町内がなんか賑やか。華やかなマラソン大会を横目で見ながら

この日の軽井沢の裏ビッグイベント、発動機大会に一路向かう。



こちらその主催者のTさん。

日本に数台しかないという貴重な発動機とともに。





現場に着いたら青空のもとで、なんとも牧歌的な風景が広がる。

おじさん達が発動機を囲みながらそこかしこで談笑。



開会式その後は各々持ってきた発動機を動かして談笑・情報交換てな感じで

ユルユルと進行。



鉄の塊といった感じでなんとも武骨な作り。

動かすと、ブルンブルンいって回りだす。

その動力を農作業に使っていたそうで、それまでは人・風・水・馬などを

使っていたことを考えると、ちょっとした日本農業の産業革命だったのか。



これらの発動機は産業遺産としての価値もあるようです。



先日、戦前から農業やってる方に聞いたらやっぱりこの発動機のことを

よく知っていて、懐かしがってました。

随分お世話になったと言っていた。

今はコレクターが居るといったら驚いていた。



プレートも味わい深い。



こちらは自分のような素人でも目を惹かれる

アメリカの発動機の縮小モデル。実際にも動く。

アンティークな趣きがあり工芸品のよう。



メグロエンジン個人的に目を惹いたメグロのバイクのエンジン。

発動機運転会としては傍流のようだけどこういうイロモノがあると

また面白い。



実際に動かしながら持ち主の方が丁寧に説明して下さり

非常に勉強になりました。いやホント貴重な機会(機械)でした。

とはいえ科学的な知識が全くないので話の半分も理解できないのですが・・・。



これらは実際に発動機で動かしていた機械で、お茶をなんたらするものと、謎の木製マシン。

みんなで、なんに使ってたのかなー、芋洗いか、なんて話してました。



鉄の塊みたいな古い機械を物好きなオジサン達が集まって、

無駄に(失礼)ブルンブルン動かすイベント。

発動機に対する愛が会場に満ち溢れてました。

効率・便利な時代にあってこの無駄な感じがナントモたまらなく魅力的。



近頃はオヤジ的な趣味の領域に女子が進出あるようですが、

この発動機業界にまで進出してきたら画期的。

若い女の子が「キャー、この発動機カワイイー」

「この回転がオシャレー」とか

言ってたら面白いんだけど。



滞在時間1時間位で仕事があるのでそそくさと退散。

もっとゆっくり見ていきたかった。



秋にまた開催予定らしいのでぜひ行きたい。



我が愛車とともに。

このバイクもかなり原始的なんで発動機に通じるものがある。

この前の日曜に出店した動楽市で隣に

出店してる雑貨屋(古道具屋)に面白いものが

安くあったので思わず購入。

キネンコンロキネンコンロキネンコンロ



文字が右から書いてあるところに時代を感じる。



大きい穴に炭を入れて、小さい穴の片方にお湯を張って

お燗できる。

大きい穴に鍋を載せてお湯沸かしたり

煮炊きも同時にできるという優れもの。

しかしながらもう1個の穴がどう使うのか不明。



誰か知っていたら教えて下さい。



ブリキだかなんだかの合金みたいのでできてて、

細工なんかも中々凝ってる。

今作ったら結構な価格になりそう。



ちょっとした発明品だったのか特許番号まで書いてある。

当時としてはハイカラな道具だったのか。



問題は、買う前から判りきっていたけれど、

果たしてこれをホントに自分は使うのだろうか。

使うとしても一生の間にいったいどれだけの頻度で何回使うのか。



タマにはこういう一見無駄に思える買い物も良いかなと、思いたい。

うちの店が純和風だったら冬にこれを店で使ってみるんですが。

明後日はいよいよ富岡のおかって市場で

開催の動楽市に木の実屋として出店です。

詳細はこちら→『小林商会 群馬富岡 第5回「動楽市」出店のお知らせ』



天気ももちそうでホッとしてます。

前回、前々回と2階とも天気悪かったので、

今回も雨が降ると木の実屋出入り禁止の噂も聞こえていたので良かった。



動楽市の詳しいことはこちらを→動楽市ブログ



今日、一気に準備して7割方完了。





この動楽市が開催されるのは富岡にある「おかって市場」という

お店がある敷地で行われます。





先日おかって市場を訪ねた時に購入したのがこちら

「青のり 20g入り カメセ水産謹製」カメセ水産 青のり



随分前にこの青のりを絶賛しているのを何かで見て

この独特の瓶の形が記憶に残っていた。

思わず購入。



パッと見の価格は高く感じるかもしれませんが、内容量が多い。

袋入りのと違ってぎゅうぎゅうに詰まってるので、

gあたりで考えたら高いどころか安いではないか!

(うちのジャムも見た目よりも沢山はいってます。

上げ底の入れ物って世の中に多い。)



味も香りも想像以上。

今まで使っていたスーパーでよく売ってるやつとは

香りが違う。味も濃い。



この不思議な形の入れ物も面白い。

瓶口が狭いのは湿気ないようにするためで、

機能美なのか?



自分は青ノリ好きなのでお好み焼き食べるときも

ドサドサかけてたけどこれなら少しで大丈夫。

外で食べるときにも持って行きたいくらい。



というわけで動楽市(または普段におかって市場)にお越しの際には

このカメセ水産の青のりも是非。



以上、気に入ったので勝手に宣伝でした。

↑このページのトップヘ