ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

キーワード:レーヌクロードを含む記事

今年も8月下旬の疲労がピークのときに、

5時半起きにてレーヌクロード摘みへ出動。



隔年でなるって話なんですが、去年も一昨年も収穫あって

今年も少なめだけど何故か実が成ってる。どういう具合なのか。

レーヌクロードレーヌクロードレーヌクロードレーヌクロード

木の下に落っこちてる熟したやつを貧乏っちく拾ってきて

食べたけれど生でもやっぱり美味しい。



レーヌクロードの木は一時は今より沢山あったみたいだけど、

市場では値段がつかないこともあって随分減ったようです。

なんと勿体ない。切る前にうちに声かけてくれれば!



レーヌクロード摘みのあとにまだお店の開店まで時間があったので、

ついでにブラックベリーを摘ませてもらう。これも綺麗なもんです。

しかしいっぺんに熟すのではなくて、順番だから収穫が大変。

恥ずかしながら自分で摘むのは初めて。勉強になります。



傷みも早いしヤッカイな果物。



その後帰宅して開店。午後にはちょっと昼寝するつもりが、

タイミングを逸してできず、結局夜まで仕事。

さすがに夕方には意識朦朧としてきた。










今年も夏の疲労がピークに達した8月27日土曜日に
レーヌクロード摘みに行ってまいりました。

前日に連絡をいただき、4時半起きにて出発。
たまの早起きは気持ち良いけれど、帰ってからも
変わらず仕事で夕方からは意識が朦朧・・・。

この木が一番大きいのですが、先月の大雨で太い枝が
一本折れていて、無念。

去年は不作で少しだけ分けていただきましたが、
今年は豊作でたっぷりの収穫。

豊作といってもちょっと考えていた生で販売する余裕はなく、
うちでジャムにする分で手いっぱいでした。

このレーヌクロードですが巷ではじわじわと前より
広まってきていて、何かと問い合わせも多い。
いつか大ブレイクするのではと密かに期待。

ブレイクしても沢山ないのでしょーがないんですけど。

このレーヌクロードはフランスなどのヨーロッパでは
一般的な果物みたいなんですけど、オレンジ色のプルーンで
ミラベルってのがヨーロッパには同じようにあって、
それも誰か日本で栽培していないもんでしょーか。

冷凍の輸入物はお菓子やさん用に入ってきているみたいなので、
日本で栽培したらきっと需要があると思うのですが。

ジャムの販売はこちら→レーヌクロードジャム160g630円

このジャムの色をみてたまに「色が美味しそうじゃないなー」と
おっしゃる方がいますが、自分にはとても美味しそうに見える。

馴染みがない果物でしょうけど味は保証しますので、
ついでのときにでもお試し下さい。

レーヌクロード(クロード女王)って名前も気取ったような名前で、
なんとかならないもんかと思いますがいかんともしがたい。

今年はレーヌクロード豊作か!

レーヌクロード花レーヌクロード花花は沢山付いて・・・

レーヌクロード実すでに実もいい感じでなっているよう。

霜にもやられず去年が不作なので今年は順調にいけば
豊作が期待できそうです。
もっと沢山安定して採れるようになったらもっと表舞台に出して、
生でも予約販売みたいのができるようになると面白い。

偶然ですけどブラムリーレーヌクロードと同じ年に豊作になる。


それにしても低温傾向で全体的に作物の成長が遅いようす。
色々これからの時期に仕事がずれ込んでくるので厄介。

学生時代の友人S女史が結婚してポーランド在住になり、
先日、メールで
「面白そうだからポーランドブログやってよ。リンク貼ります。」
てな調子のいいことを言っていたら、
ホントに始めたみたいなので約束通りリンク貼ります。

ワルシャワ半径500メートル

これだけだと公私混同かと思いきやちょうどレーヌクロードジャム
紹介されていて驚きました。

更に不思議なことにその友人の実家近くで当店のレーヌクロード
栽培されています。うーむ偶然。

ポーランドにもレーヌクロードあるんですね。
フランスあたりだと時期になると市場に普通に出回るそう
なのでポーランドにも並ぶのか?

当店のレーヌクロードジャムと一緒にワルシャワ半径500メートルも宜しくお願い致します。








軽井沢は気温も下がり、紅葉も始まり、
道には落ち葉が舞い落ちて、疑いようもなく秋。

以下、今年の夏の話を雑然と。

今年はレーヌクロードブラムリーは裏年で収穫量が少なく、
レーヌクロードは昨年の数分の一、ブラムリーは半分くらいを
わけて頂きました。ありがとうございました。

数十年にわたり販売していた黄桃ジャムが原材料確保が困難なため終了。
変わりに最近人気で栽培量も増えてきている黄金桃ジャムが始まりました。
黄金桃ジャムは黄桃ジャムに比べるとややスッキリめの味で、
かなり桃をそのまま食べてる感じに近いです。
クセもなくマイルドな味です。ヨーグルトとの相性も良いです。
黄桃ジャムにはかなり根強いファンの方がいたので残念ですが、
今後は黄金桃ジャムを宜しくお願いします。

今年の軽井沢で一番の話題はなんといっても、
人出が少なかったことでしょうか。
例年だと夏の渋滞は当たり前なんですが今年は全然なくて、
人通りも明らかに少なめ。
町内の人に会うと必ずその話になりました。
何故少なかったのか?
あまり根拠のない憶測が囁かれていましたが大別すると、
8月上旬の天候不順、不況、選挙があるから、ETCで遠くに行ってしまった
といったあたりでしょうか。
いづれにしてもはっきりとは判らず不思議です。
とはいえ、道も空いてるし、お店に入ってものんびりしてて良い面もあります。

今年の夏の私事だんとつの1位は「腰痛」。
8月の上旬に発症。今まで腰痛とは無縁の生活だっただけにショック。
2ヶ月位ほとんど休みなく働いていたので自分では働きすぎだと言って
いたのですが、友人らは「歳だよ」と一蹴。
意外と肉体労働で立ち仕事、軽井沢は寒暖差も激しいので気が付かない
うちの冷えも原因かと。
冷静に考えると今までならなかったのが不思議なくらい。
普通に暮らしてはいますが未だに直らず。
9月の始めに中学以来の友人が最近開業した「くにみね治療院」に
行って来ました。この治療院についてはまた改めてレポートしたいと思います。
紹介して自分以外にも2人行きましたが極めて評判良いのでお勧めです。

写真のない話ばかりなので最後に一枚。
先月久々にダチョウ牧場へ。
皆様元気そうでスイカを貪り食っていました。

8/31に朝5時起きにて
レーヌクロードの収穫に行って来ました。
レーヌクロード果実
レーヌクロードの木
本当は前日の予定だったけれど雨にて中止。
熟してるので31日は雨天決行の構えでしたが、
ちょうど晴れて助かりました。
去年に較べて随分遅いけれど、どういった加減なのか不思議です。

去年は不作でしたが今年は見事に豊作。
沢山なってるのを見るだけでなんだか豊になったような気分。
これだけあればしばらくはジャムを販売できそうです。
レーヌクロード収穫

分けて頂いているご夫婦の話によると、株を分けて増産の可能性が。
果物は実が成るまでに数年かかるので大変。
何年越しのギャンブルなのか。農家の方の苦労が察せられます。
その点野菜はすぐに収穫できて良いです。

無事増産のあかつきには簡単にジャムにできるので
生でも販売したいと思っています。
珍しいだけじゃなくて美味しいところが素晴らしい果物。

店頭にしばらく置いておきましたがお客さんの反応があまりなく残念。
こんな珍しいものがあるのに!
やっぱり見た目のインパクトがないとだめなのでしょうか。
確かに熟してないプルーンみたいですが。

レーヌクロードジャムの販売はこちら

とんとご無沙汰しております。
夏の間は忙しいのと手首が腱鞘炎気味で中々更新できませんでした。
写真は色々撮ってあるので載せたいことは山ほどあるのですが、
まずはタイムリーな話を。

ブラムリーブラムリー
こうやって見ると何気ないのですが、
このリンゴ、非常に珍しくまだ日本では長野県小布施町でか栽培していません。
その名もブラムリー

英国では1800年ごろから栽培されていた品種で、
小布施町にて数年前より試験的に栽培し、ここ数年でようやく出荷できる
体制になったとのことです。

生で食べると紅玉をはるかにしのぐ強い酸味とリンゴの良い香り、力強い味。
お砂糖と煮ると、味が際立ち、酸味も程好くなり、深みのある味。
ジャムは紅玉で決まりと思っていたのですが、こんなリンゴがあったとは。
アップルパイにしても、たまらない味になりそうです。

2週間程前に存在を知り、取り寄せてジャムにしてみて驚愕。
昨日(9/10)、小布施に取りに行ってきました。
今のところ小布施の農家6軒のみの栽培で量も少なく、
レーヌクロードと同じで年により当たり外れが激しいそうです。
分けて頂いて感謝です。

昨日、小布施に取りに行って、今朝、信濃毎日新聞を見たら
調度このブラムリーが記事で取り上げられていて、またビックリ。
これからが楽しみなリンゴです。

遅くとも今月中にはブラムリージャム、160g瓶にて当店でも販売開始の予定です。

ブラムリー
これは試験的に袋がけしているブラムリーの写真。チラッとはがして撮ってみました。

ブラムリーファンクラブもあります。
世の中には色々なファンクラブがあるものですね。

7月に入ってから急に慌しく、ブログに載せたいことは
沢山あるのですが、全く掲載が追いつかず。

最近の店頭
ジャムこばやし店頭
ブルーベリーやルバーブ・ビーツ・ズッキーニ・コールラビなど
色々店頭に出揃ってきたので嬉しい状態です。
その他、モダマ・ダチョウの卵・オリジナルマップと自分の好きなものが、
並んでいるので一人、悦に入っております。
ただ、ここのところ毎日夕方になると雨が降るので、
店頭の商品は店内に片付けないといけないので大変。
海の日のあたりから軽井沢も異常に暑く感じられます。
特に店内は照明の熱もありキツイ。
軽井沢に居るにもかかわらず毎年この暑さでバテます。

表のメインストリートも残念ながらあまり木陰もなく、
照り返しで結構な暑さです。
この時期の軽井沢は木陰に入るといつも涼しいので、
メインストリートだけではなく脇道にそれて散策すると、
軽井沢の良さが伝わるかと思います。

花豆の花
店内入口に育っている花豆の花。
花も食べると美味しいという話を聞いたのですが、
試す間もなく日々が過ぎていきます。
早くも豆が枝先にぶら下がり始めてますので見てみて下さい。

それと今朝、レーヌクロードを分けて頂いている方から
電話があり、小粒ながら実が沢山ついているとのこと。
去年まったくお目にかかれなかったので楽しみです。

ご無沙汰しております。



夏の混雑もひと段落して、少し余裕がでてきて久々の更新。



今年は軽井沢も例外にもれず暑かったのですが、

少し横道にそれて木陰に入れば涼しいところはさすが軽井沢であります。

ようやくお盆が明けてからは風もでてきて涼しくなってきました。



それにしても、年々お盆期間の人出が少なくなって

変わりに前後の人出が増えてきているような印象を受けます。



8月19日(日)、

お盆の間の疲労も極限に達したところでの朝5時起きで

レーヌクロード畑に行って来ました。(レーヌクロードとは

早起きは気持ち良いのですが帰ってからの労働がきつい・・・。

レーヌクロード

緑色のプルーンといった外見。

不作のせいか実が大きい。

この写真を見ると沢山なっているようですが、

全部でバケツ一杯位しか収穫できず今年の製造はなしになりました。

年により当たりはずれが激しく、去年は豊作だったのですが、

今年は全くの不作。



昨年の材料で作った在庫分残り100本位でひとまず売り切れとなります。



このレーヌクロードは当店のジャムの中でも最も珍しい果物かと思われます。

珍しいだけでなく、ジャムにしたときの味も酸味と甘味のバランスが良く

大変美味。



昨年たまたま知り合ったご夫婦の好意により分けて頂いております。



これはおまけで同じ畑になっているプルーン。






忘れていたのですが、先週、静岡第一テレビの取材がありました。

夕方の番組で、もちろん静岡でしか放送しないので、

見られる人は限られるのですが・・・。



うっかりしていて放送日などを訊かず。

既に放送済みの可能性も。

静岡在住の方は是非、見てみて下さい(無責任か・・・)。



マイクを仕込んだりして、それなりに緊張してしまい、

終わってから妙な疲労が蓄積。



「珍しいジャムを」ということで、ルバーブ・レーヌクロード・グースベリーを紹介したのですが、どう放送されることやら。

ここまで、書いていて気がついたのですが、全部カットの可能性も・・・。

20年近く前に、撮影があった後に、家族揃ってTVの前でいつ出るのか見ていたら、

全く出演しないうちに終了。



自分が映るところを見てみたいような、怖いような。



次回は約束通りビーツ料理法を。

↑このページのトップヘ