ジャムこばやしblog

お店のことや旧軽井沢、あまり知られていない軽井沢、 などを中心に紹介していければと思っています。
ここ数年は木の実イベント関係の話が多くなっていますがご容赦ください・・・

タグ:軽井沢周辺お勧めエリア

やや古い話になってしまいますが、

年明け1月6日に高崎の少林山達磨寺で行われる

だるま市に行ってきました。



小さい頃に家族で行ったらしいのですが、

まったく記憶になく、改めて一度行きたいと思っていて、

ようやく念願かなう。



事前リサーチによると現場が混むらしいので、

横川まで車で行って電車に乗って群馬八幡駅まで。



久々のローカル電車。

横川駅横川駅

横川駅前に釜めしで有名な「おぎのや」の本店が

ひっそりとある。おぎのや本店



この電車の色合いが好きボックス席もあって旅情が高まる。



群馬八幡駅を降りたら全く人気がなくて焦ったけれど、

少し歩いて少林山に近づいたら凄い人だった。



屋台もたくさんでていて盛り上がっている。



人が多いから将棋倒れ防止のためか階段で入場規制。

境内

いつも年初めにおみくじ引くのだけれど、大吉だった!

しかも300円もした!

アベノミクスのおかげなのか

我がおみくじ史上過去最高値を更新。



当然のことながらだるまは境内そこらじゅうで売っている。何か一個くらいは買って帰ろうかと思っていたのだけれど、買いそびれてしまった・・・。

しかし、あれだけあるとどこでどう買えばいいのやら目移りする。



熊手屋を初めて見たけれど迫力あってカッコ良かった



中国山東省名物という珍しい屋台がでていて

思わず食べてしまった。



ケバブ屋やっている異国の人がいたりして、

いつのまにかテキヤ業界にも

国際化の波が押し寄せているのか。



帰りの電車はガラガラ。ほとんど貸切状態。

なんだかもったいないような気がしたので

久々に寝転がってみたりした。



店を閉めて暗くなってから数時間の道中でしたが、

ちょっと旅行に行って帰ってきたような気分。



横川から電車で行ったのも旅情があって良かった。

少林山近くの駐車場に停めても1000円くらいかかるよう。

電車で行っても1000円以内なんで、そういった意味でも

電車で行くのはオススメです。










軽井沢のお隣の御代田町に真楽寺というお寺があります。



ずいぶん前から載せたいと思っていたところ。



ここが素晴らしい。

おまけにいつ行っても人が居ない(笑)。



軽井沢から車で30分位。

ちょっと判り辛い場所にあるのでよく調べてから行ったほうが良いです。

それか、アサマサンライン沿いに最近駐車場ができたので、

そこからだと判りやすいけれど、5分位歩きます

(今回はその駐車場から行ってみました)。



久々に訪ねて3回目の訪問。



真楽寺仁王門仁王門をくぐると

鬱蒼と茂る杉木立の中に清水が湧き出る池があります。真楽寺池真楽寺池真楽寺池とても澄んでいて底が見える。

長野県のなんとか名水にも選ばれてると書いてありました。



杉木立と清涼な水でなんともいえず良い感じで落ち着きます。



真楽寺階段階段を上ると観音堂。

階段の途中にカエルが鎮座していた。真楽寺カエル



ここは京都か?ってな立派な三重塔もあります。真楽寺三重塔



樹齢1000年ともいわれる神代杉



境内全体が広々していて森閑としてます。

流行で言うといわゆるパワースポット的な感じのする場所。



境内の周りは田んぼや畑でなんとも長閑。

稲も頭を垂れ始めていた。

蕎麦の花もちょうど満開でした。








前から気になっていた高崎市美術館で開催中の

福田繁雄の大回顧展」に行ってきました。



美術館のチケットに旧井上房一郎邸の入場料が含まれていたので

とりあえず行ってみるかと行ってみたらこっちがまたとても良かった!

(ちなみに「福田繁雄の大回顧展」も面白かった。)



美術館に隣り合って建ってます。

旧井上房一郎邸アジサイが綺麗。好きな花。旧井上房一郎邸和室もある。旧井上房一郎邸旧井上房一郎邸旧井上房一郎邸平屋で外と屋内の境があまりなくて風通し良さそう。

もうちょっと暖かくなって開けっぴろげたらたまんない。



ここで喫茶店とか店やったらいいだろうなーと想像。



軽井沢の聖パウロ教会を設計したので有名なアントニン・レーモンドの

東京の自宅を模してできたのがこの井上房一郎邸。

(今も使われている聖パウロ教会のイスはこの井上房一郎の

事務所が作ったと書いてあったような・・・)



説明を読んでたらこの方は若い頃に山本鼎(上田に住んでた)にすすめられて

フランス行ったり、軽井沢でお店をやってたりと、

なんだか軽井沢(長野)に縁のある人で驚いた。



軽井沢のお店でレーモンドと知り合ったとのこと。



旧井上房一郎邸この天井の梁なんか聖パウロ教会を彷彿させる。



旧井上房一郎邸旧井上房一郎邸旧井上房一郎邸庭がこれまた素晴らしく自分好み。



建築のことはなんも知らないんだけど、

この家にはホント住んでみたいと心から思う。

軽井沢だと防寒対策がかなり必要だろうけど。



この建物には当時としては珍しいと思われる

セントラルヒーティングがついてました。



建築にはほとんど興味なかったけれど、最近じわじわと

興味がでてきてます。



高崎は軽井沢からだと車で1時間位です。

ちょっと離れてるけど良かったので今回紹介。



駐車場が1時間無料で使えます。

駐輪場があるので自転車やバイクだと無料。

毎年恒例のようにハーレーに乗って何十年に渡り

お店に来てくださる方にゴールデンウィークに聞いて初めて存在を知った

珍しいバイク博物館「浅間記念館」。



家から30分位のところにあるのに全く知らなかった!



有名な鬼押出し園のすぐ近く。



鬼押出し園に行けば簡単にわかるだろうと思って

とりあえず行ってみたら、意外と判り辛くてウロウロしてしまった。

よく下調べして行くことをオススメします。



国内外を問わず珍しい旧車が展示してあります。

毎年展示が変わって今年は「バイクの源流 世界の名車」。

ほとんどSFのようなエンジンの形



それにしても昔のバイクは個性がはっきりしていて魅力的。

何故に今のバイク(車)はみんな似たり拠ったりに

なってしまったのか。



小さい建物ながらもバイクがところ狭しと並んでいて、

雑誌などの資料も充実。

太っ腹にポストカード3種が無料でもらえるというサービス付き。



特筆すべきはこの博物館のHPからも判りますが、

建物全体に漂うなみならぬバイクに対する「愛」。

頭が下ります。



小規模ながら大袈裟な箱モノ行政の対極にあるような

手作り感と愛溢れる充実した博物館です。



この博物館は戦後行われた浅間火山レースの関係者などが

母体になって創設されたと聞きました。

軽井沢とバイクってのは昔から縁があるようです。



自分もバイクを買ってから知ったけれど、

父親も祖父もバイクが好きでかつてはウロウロしてたらしい。

親戚にもバイク乗る人が多い。血なのか。



今回訪れませんでしたがこのちょっと廃墟感ただよう

建物の下にあります。

鬼押出しから見えるので目印になります。



駐車場で出合った国産旧車乗りの方3名と一緒に観て回ったのですが、

詳しい方達だったので色々教えてもらえて面白かった。

その内の1人は長野市の工具屋の店長らしいので

ちょうど必要な工具もあるので今度訪ねてみたいと思います。






前回に続いて群馬は富岡にある町のシンボルとも

いえる富岡製糸場の紹介。



先日、久々に近くまで行ったので10年ぶりに中に入ってみました

(有料大人500円)。





ろくな写真が撮れてない・・・。

ここを見てもらったほうが早いかと→富岡製糸場 世界遺産推進ホームページ



明治の煉瓦作りってカッコいいもんです。

場内には色々な建物があるのですが、どれも和洋折衷で独特の

カッコよあさがある。



場内には富岡製糸の歴史のわかりやすい展示があって

興味深く勉強になります。



長野県も群馬県も開国後しばらくの間は養蚕が盛んで、

その名残の建物や文化が各地に残っています。

各地に残っている桑の木もそのひとつ。



絹の輸出で稼いだお金で富国強兵やら産業を発展させて

開国後の日本を支えていったと思うと感慨深い。



前にとりあげた軽井沢と群馬の間にある通称メガネ橋

この富岡製糸場と一緒に世界遺産登録へ動いてるようです。



この建物は町中にあって周辺はお店や住宅地が密集してます。

ついでにその辺りをウロウロするのも楽しいかと。



動楽市と一緒にどうぞ。





おまけ

この富岡製糸場を訪ねる前日にちょうどこの本を読んでいた





開国後に日本が雇った様々なお雇い外国人のはなし。



富岡製糸場に雇われていたポール・ブリュナのことは

この本にはないけれど、同じように日本に雇われた外国人だと

思うとなんだか親しみがわきます。












前々から木の実好きな方などから良いよと聞いていて、

先月末にようやく行ってきた群馬県立自然史博物館



軽井沢から車で40分位の群馬の富岡にあります。



正直なところそれほど期待してなかったんですけど、

行ってビックリ。充実の内容。

設備も凄いんですけど、展示の内容も濃い!

バブルの頃に入れ物だけ作って内容はショボイ施設が

よくありますけど全くそんなことはなく、

かなり長時間滞在してしまった。



以前に木の実の展示もあったようで目録購入。

その時に行ってみたかった。



理科好きな人にはオススメです。

子どもでもかなり楽しめる内容かと思われます。

企画展も変わるのでちょいちょい行ってしまいそう。



動楽市やる富岡にありますのでいらした方は一緒にどうぞ。



今回は少し遠くの東御市(東部町と北御牧村が合併)にある

ダチョウ牧場です。



はじめにことわっておきますが、僕はまだ中に入ったことはありません・・・。

昨年秋から近くを通る度に寄ってみて、既に六回は行ってみたのですが、

いつも誰もおらず、中に入れない。囲いの外から覗くだけです。

はじめにオープンした時(数年前)は新聞にでたり(自分もそれで知りました)、牧場っぽく中に入って餌をやったりできたらしい(経験者談)。

新聞には電話番号が書いてあったので、電話してみるのですが、いつも「プープルプルプー」とFAXらしき音が聞こえるだけで繋がらず。



お願いしたいこともあるので是非連絡をとりたいと思っていますので、

何か情報がございましたら、コメントや当店のメールなどでご一報頂ければ幸いです。

東御ダチョウ2

このようにダチョウが囲いの中をうろうろしています。



人間の背丈よりも大きく、その独特の風体とユーモラスな動き、

威厳もあり、こんな生き物が地球上に存在しているというその事実だけで、

何だか励まされます。

のんびり歩いてるかと思うと急に駆け出したり、バサッと羽を広げたりと、油断なりません。

東御ダチョウ

ダチョウの肉はヘルシーかつ、地球にやさしい優れものらしいです。

羽毛はオーストリッチで有名です。卵は食べられますし、殻は飾り物などにも使われ、中々あなどれないのです。



以前ポカリスウェットのCMでタレントがダチョウに乗って走ってるのがありましたが、ああゆうこともできると嬉しい。

みんながダチョウに乗っかって移動するところを想像するだけでも平和な気分が味わえます。



ちなみに牧場からの上田市街地の夜景が綺麗。



軽井沢からですと浅間サンラインを上田に向かい、

湯楽里館という温泉施設を目指せばすぐ近くにあります。

場所は非常にわかりづらいのでその辺りで誰かに尋ねてみるのが現実的かと。

地元でも意外と場所を知らない人が多いようですが。

軽井沢から車で一時間位。



今回はちょっと個人的に大好きなもので力が入ってしまいました。

ご連絡お待ちしております。

軽井沢から、少し遠くて車で40分位、駒場公園

ひろびろしていて散歩したりするのに良いとこです。



駒場公園3

駒場公園2

県立の公園で、佐久市立近代美術館、佐久市立図書館、

佐久創造館、流水プール、温水プール、テニスコート、

アスレチック広場、弓道場、マレットゴルフコース(36ホール)

などがあります。



上の写真は公園に隣接する農業試験場ですが、

広い畑と木立が北海道のような景色で別世界。

写真は冬ですが、春になると新緑が綺麗。

確か桜の木も沢山あったと思います。



畜産試験場もあり、確か子供が羊やウサギと遊べるところもあったかと・・・。



駒場公園1



駒場公園4

屋外プールの写真です。屋外は夏期のみですが、屋内は通年やっております。



近くに、個人的に好きな日本三大稲荷のひとつ鼻面稲荷と

日本で初めて発見されたヒカリゴケがあります。

いずれ、掲載の予定。

↑このページのトップヘ